読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しつもんで響きあう。

魔法の質問認定講師・ひろろの学びブログ

人間は9タイプ。タイプ別の対応方法を知ろう。

ああ。ようやく。
娘の性格に合った言葉かけ方法を見つけた。って感じ。
人間は9タイプ 子どもとあなたの伸ばし方説明書
人間は9タイプ 子どもとあなたの伸ばし方説明書
 
ビリギャルを慶応合格に導いた坪田先生の本です。
坪田先生の膨大な指導経験地道な観察力心理学の諸学説のベストミックスからこの本がこの世に出ました。
 

続きを読む

記憶力は衰えない!?

最近、記憶力が衰えてきたと感じているみなさま。

朗報です!!

「記憶力が年齢とともに衰える」というのはウソ!
ということが判明しました。


詳しくはこの本に書いてあるのですが。
のうだま2 記憶力が年齢とともに衰えるなんてウソ! (幻冬舎文庫)
のうだま2 記憶力が年齢とともに衰えるなんてウソ! (幻冬舎文庫)

続きを読む

アドラー心理学ELM勇気づけ勉強会 受講者募集

アドラー心理学 勇気づけ 勉強会

私がアドラー心理学に出逢ってから3年になります。
  
「ほめない」「叱らない」「勇気づける」
この代名詞に惹かれ、
アドラー心理学ベースの子育てに興味を持ちました。

実際に足を踏み入れてみたら・・・

続きを読む

「イライラを手放し笑顔になる魔法の質問」講座開催しました。

魔法の質問 レポ

「イライラを子どもにぶつけてしまうのはよくない」
「子どもをコントロールしちゃいけない」
アタマではよく分かってる!!

でもね。。。(;_;)


子育てママの大多数がそう悩んでいることでしょう。
私もその中の1人です(^^)


でもね。いいんですよ。

続きを読む

常識を疑ってみると・・・。

この本大好きなんです。
常識を疑うことから始めよう (Sanctuary books)
常識を疑うことから始めよう (Sanctuary books)

なぜなら、
思いもよらない逆転の発想が斬新で、
小さな革命家(←自称)の私にとって
それがすごく爽快だからです!
私もそんな発想できたらいいのに!って毎回思ってしまいます(笑)

続きを読む

8月の注目記事は!

注目記事

8月の閲覧数トップ5の記事を集めてみました(^▽^)


さすが、夏休みだけあって、
トップ3は、読書感想文関連の記事ですね(@w@)
みなさん、お困りのことと思います!!


今回は、日程が合わず行きたいけど行けないよ~。と、
何件かご意見いただきましたので、
来年はもう少し早めに実施するか、
平日開催も入れてみようと思います。
リクエスト開催も承りますよ~!! 


No.4
hiroro.hatenablog.jp

hiroro.hatenablog.jp


No.3
親子で参加すると発見もたくさん!「あっという間に読書感想文が書ける魔法の質問」 - しつもんで響きあう。


No.2
読書感想文をあっという間に! - しつもんで響きあう。


No.1
hiroro.hatenablog.jp



今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)
しつもんと勇気づけマインドで子育てをラクにする!サポーターひろろでした(^-^)v


【9月のひろろの活動】

●「イライラを手放し笑顔になる魔法のしつもん」
日時:2016年9月7日(水)10:00~12:00
場所:つくば市
詳細:イライラを手放し笑顔になる魔法のしつもん@つくば
●「しつもん読書交流会@つくば」
日時:2016年9月15日(木)10:30~12:00
場所:つくば市
課題図書:あなたのイチオシ絵本。絵本からのメッセージを受け取ろう!
詳細:谷島 弘恵 やじま ひろえ 子育てママのための「しつもん読書交流会」
●あなたのファンがじわじわ増える。
 「フリーランスのためのビジネス勉強会」
日時:2016年9月29日(木)19:30~21:00
場所:下妻市
内容:「魔法の質問オンビジネス」のテキストを用いた勉強会
「Les.1 ご縁の法則」
詳細:あなたのファンがじわじわ増える。「フリーランスのためのビジネス勉強会」
【その他お知らせ】
●生きづらい系シンガーソングライター・風見穏香の路上ライブ@水戸
2016年9月16日(金)場所、時間は未定。
風見穏香とは→かざみしずかのブログ

勉強が大好きな子に育てるには幼児期の○○が大切!

教育 学習

8/19のブログで高濱先生の本を紹介しましたが、
働くママへ捧げる本「働くお母さんの子どもを伸ばす育て方」 - しつもんで響きあう。


今日はもう一冊の本をご紹介します。
勉強が大好きになる花まる学習会の育て方
勉強が大好きになる花まる学習会の育て方
とても読みやすく、わかりやすい本です。
この本を一言で言うと、
幼児期(4~9歳)にどんなことをすれば
学習意欲を保ったまま、思春期からの本格的な学習に取り組めるのか。

高濱先生の持論が書いてある本です。

続きを読む