肝高き阿麻和利の子たちの舞台

沖縄からやってきた舞台「肝高の阿麻和利茨城公演」を観てきました!

 
 
まず、現代版組踊「肝高の阿麻和利(きむたかのあまわり)」とは?

沖縄に古くから伝わる伝統芸能「組踊」をベースに、現代音楽とダンスを取り入れて、勝連城10代目城主「阿麻和利」の半生を描く、いわば「沖縄版ミュージカル」。 1999年に、当時の勝連町教育委員会が、子ども達の感動体験と居場所づくり、ふるさと再発見・子どもと大人が参画する地域おこしを目的に企画したものです。
引用:現代版組踊「肝高の阿麻和利」公式ホームページより

出演者はみんなうるま市の現役中高生!
学業や部活をこなしながら、この舞台の練習もしているそうです。


さて。
この舞台を見た多くの人が、感動で泣いたという話を聞いていました。
だから私も、どこで泣いてしまうのだろうと、ドキドキしながら見てました(^_^;)
 
私が印象的だったのは・・・
 
舞台は前半と後半に分かれていて、トータル2時間半という長丁場なのですが、
会場の前半の雰囲気と、終わりの方の雰囲気が全然違っていて、
終わりの方は、全体的に歓喜に満ちている感じがしたところ。
 
会場の通路にキャストが並んで歌い、踊ることがあるのですが、
精一杯の笑顔で歌い、踊っている姿を間近で見るので、すごく臨場感があって、
その姿がキラキラしていて、素敵だなぁって思いました。
そして、キャストのみなさんの一体感が素晴らしく、
最後の方は観てる側までその一体感に巻き込まれてしまう感覚でした。


舞台が終わった後は、ロビーで観客をお見送りしてくれます!
最後の最後まで見送って、シメも歌と踊り!


肝高の子たちが、心を込めて精一杯演じ、歌い、踊り、演奏するその姿勢に
大人は感動で涙が出てしまうのかもしれないな。って思いました。


今回私は、茨城公演実行委員としてお手伝いさせて頂きました。
課題が発生すれば、自分に出来ることはないか、考え、行動に移しました。
情報のシェアのみならず、
ワークショップや講演会への参加のお誘いや、クラウドファンディングへの支援依頼などさせて頂きました。
しつこいお誘いに乗ってくれたみなさん、クラウドファンディングに協力してくださったみなさん、
舞台を見に来てくれたみなさん。
ありがとうございました!


そうそう、当日は現場スタッフとしてもお手伝い。初めてチケットの"もぎり"をやりました(笑)
舞台だけでなく、ちょっと裏側も見ることができたし。
とってもいい経験になりました!
f:id:ITK:20190815013545j:plain
沖縄に見に行ける日が来るといいな♪



参考までに公演のダイジェスト版を貼っておきますね。

肝高の阿麻和利 11月公演 お客様に感謝を込めて

読書感想文WSで嬉しいこと2つ。

「あっという間に読書感想文が書ける魔法の質問@つくば」終了しました。

 
少人数かもしれませんが、これくらいが落ち着いて観ることができてちょうどよいです。
 
今回は1年生も参加してくれたのですが、
文章を読んだり、答えを考えたり、文字を書いたりと
ちょっと大変だったかな???
お母さんのサポートにより、しつもんの答えはほとんど埋められていました。
終始おとなしく落ち着いていて、楽しそうな印象は受けなかったのですが、
講座のアンケートに
「とてもたのしかった。」
と書いてあって、とてもビックリしました。嬉しいです!!

 
嬉しいご報告はもうひとつ。
2年生の保護者さんからです。

本を全部読まずに感想文が書けるなんてー!!
びっくりしましたー!
あと、読む前に目標設定するのにも驚きと納得でした。

娘さん、帰ってきてから、せっせとワークシート書いたり、本を見返したりして、夜には完成させてましたー♪
本を読んだり、字をたくさん書いたりで疲れた様でしたが、達成感も感じていた様でした!

お母さんがおおらかに、そして、子どもとちゃんと向き合って取り組むと
こんな事が起きるんですよ~(^^)b
そのお母さん、さらにこんなことも感じていらっしゃいました。

一緒にやっていくうちに、最初は分からなかった子どもの思いが聞けたり、
理解する事ができてたので、そこは良かった。と感じました。

 
子どもが書いた答えに、
「これじゃ意味分からないよ」と"指摘"するのではなく、
「どうしてこう思ったの?」と聞いてあげるといいですね。
(なぜその考えに至ったのか?を聞いてみるスタンスで)
子どもの思いを引き出すことができます。
その思いを、答えにプラスするともっといい文章になります♪
お家で残りをやるときは、ぜひ試してみてください。


そうそう。今日は人数少なめで、
最後はちょっと余裕があったので、3・4年生に質問してみました。
 
「読書感想文って、なぜ書くのだと思う?」
 
4年生男子は、はいっ!っと手をあげて
「人の気持ちが分かるようになるため」
と、大人もビックリ!の回答をしました!!
 
あぁ、確かに。
 
読書を積み重ねていくと
主人公の気持ちとか、目に見えないものが読み取れるようになっていくかもしれません。
 
今日も子どもからいいこと教わっちゃったなぁ(=゚ω゚)ノ


さて。読書感想文ワークショップはこれで一段落。
最後は、ちょっと先の8/17@取手。
子どもアートフェスタというお子さんが楽しめるワークショップがたくさん集まったイベント内での開催となります。
お申込み締め切りは8/15です!
 
◆2019年8月17日(土)
会場:取手ボックスヒル 第6回こどもアートフェスタ会場内ブース
時間:10:30~12:00 小学1~3年生親子
13:30~15:00 小学4年生以上
定員:小学1~3年生親子 → 6組
小学4年生以上 → 8名
参加費:子ども1名1,000円。※ご兄弟で参加の場合、2人目からは1名500円。
お申込み↓↓↓
読書感想文講座申込みフォーム


◆この「あっという間に読書感想文が書ける魔法の質問」は各地で開催されています。
このページで開催地を紹介していますので、
うちの地域でやってないかな~?と気になったら探してみてください。
https://peraichi.com/landing_pages/view/vzpis?fbclid=IwAR21ZQkpejTMmVbteheSamrfkalKB2vHnpcjUQjpu-st3oh9KjhTBl0hbpA

感想文が苦手な人にお役に立ってます!

今シーズン初の読書感想文ワークショップ。
「あっという間に読書感想文が書ける魔法の質問」
 
去年受講してくれたお友達のご依頼により、出張講座に行って参りました!
午前の部は低学年クラスで親子総勢30名超え!

 
しつもんに答えていくと・・・
あっという間に読書感想文になってしまうカラクリがわかりましたね!?

 
子どもの回答を見ていると「そういうとらえ方があったか!」と意外性があって、とても楽しいです♪
でも、親御さんにとっては
「そのとらえ方は違うでしょ(^_^;」ってどうしても正解を求めたがる傾向に・・・。


私、思うんですけど、
間違っているかもしれないけど、そういうとらえ方がとてもユニークで、
それが感想文になるわけだから、
読んでいる方が、これはおもしろいっ!ユニークだ!ってなるんですよ。
ありきたりの感想文なんてつまらないです。

自分の中から涌き出てきた言葉で書くのがほんとの感想文。
ではないでしょうか?




ワークショップが終わったあと、
読書感想文が苦手で困ってる。というお母さんが
「楽しく書けました😊」って感想を言ってくれました。
 
なぜ楽しく書けるのか?
 
それは。
・「出た答えはすべて正解」というルールを守ってやっていくので、自分が考えた答えが否定されることがない。
・自分が考えた答えに「いいね~」と言ってもらえる。
・書いた答えの伝え合いをしていくので、そういうやりとりが楽しく感じる。
だからではないかと思います。
苦手な感想文をわいわい楽しく取り組んでもらえて、
私としてはとてもうれしいです!

 
とはいえ、小学1・2年生には90分という時間は長いです。
普段考えないようなことを考えるので頭がパンク。思考停止しちゃうことも(^_^;)
講師や、サポーター、お母さんが、最後までできるように声かけをしますが、無理はさせません。
そこで無理をさせたら、読書感想文が嫌いになってしまいますからね。
90分間、読書感想文のことに取り組めた。そこに座っていられただけでがんばった!すばらしい!
最後は、がんばった子どもたちに拍手👏をしました。

 
 

4年生以上の高学年さんは、お子さま単独での参加でしたが、お友達や顔見知りという関係が多かったので、終始和んでできました♪
 
低学年やってから高学年をやると、その差にすごく驚かされます。
この本は何を伝えようとしているのか、作者の意図を鋭く読み取れるし、立派な考えを持っています。
この成長ぶりはすごいな。って毎回やってて思います。
 
最後に、しつもんの答えを、穴埋めの文章に書き写すときは、
ざわめきがなくなり、カツカツカツカツと、鉛筆の音だけが部屋に響き渡りました。
集中力の持ちもサスガ!違いますね!

 
 
声をかけてくださった、あやちゃん、ともちゃんには
色々とお気遣いいただき、ありがとうございました。
お昼の「3月ぶどう」さんのケータリングは体に優しい食材で夏らしいメニューで美味しかったです!😋😋😋

 
 
 
このように、読書感想文出張講座も承っております。
低学年は必ず親子で参加、低学年と高学年はそれぞれ分けて実施など
子どもたちの能力に合わせた開催条件を設定させていただいていますので、
まずは、お問い合わせください。
https://tomoiku-lab.com/inquiry/

読書感想文ワークショップお申込み状況

子どもと共に育とう。子どもと共育ラボのひろろです。


「あっという間に読書感想文が書ける魔法の質問」ワークショップのお申込み、
絶賛受付中ですが、
7/27(土)下妻市開催分の残席が、高学年あと1名、低学年親子あと1組となりました。(7/18現在)
まだ迷ってる方がいらっしゃいましたら、お早めにお申込みください!
↓↓↓↓↓
あっという間に読書感想文が書ける魔法の質問2019@下妻 2019年7月27日(茨城県) - こくちーずプロ(告知'sプロ)


8/2(金)つくば開催分はまだお席に余裕があります!
あっという間に読書感想文が書ける魔法の質問2019@つくば 2019年8月2日【低学年の部】(茨城県) - こくちーずプロ(告知'sプロ)


小4以上の回は、中学生の参加もOKです。
部活で忙しくて、本を読む時間、感想文を書く時間がなかなか取れない!!
そんな中学生におススメです。
アウトラインレベルの下書きができるので、着手しやすくなると思います♪
あっという間に読書感想文が書ける魔法の質問2019@つくば 2019年8月2日【高学年の部】(茨城県) - こくちーずプロ(告知'sプロ)


「読書感想文ってなんで書かないといけないの?」

お子さんはそんな疑問を持っていませんか?
(大人でも同じ疑問を持っている方がいるかもしれませんね)


結論を先に言うと、
・本を読む。感想を書く。この2つの行為で、これからの時代を生きるために必要なスキル(論理的思考力、表現力、伝える力、得た情報を活用する力等)が得られるから。
・「読む」ことはインプット。「書く」ことはアウトプット。インプットしたことをアウトプットすることで、本を読んで得た学びや気づきを記憶にとどめておくことができるから。
です。
  
しかし。それをお子さんに伝えたところで、理解して取り組んでもらえる可能性は低いでしょう(笑)

私が目指すところは、 
楽しく取り組んだら、あっさり書けちゃった♪
です。
やらせるスタンスは絶対にとりません。
(だって、やらせるスタンスでは、やる気なんて生まれないですからね!)
楽しく取り組むからこそ、読書感想文の苦手意識を払拭できるんです。
 
「あっという間に読書感想文が書ける魔法の質問」で、楽しく、読書感想文を書いてみませんか?
ぜひ、体験しに来てください。

「#不登校は不幸じゃない」8/18全国一斉イベント

こんにちは。
子どもと共に幸せに生きる力を育もう!子どもTo共育ラボひろろです。


みなさんのお知り合いで、お子さんが不登校状態にある方、ご存じないですか?
もしよかったら、このイベントのことをさりげなくお伝えしていただけませんか?


筑西市でホームスクーラーコミュニティを主宰する、
寺子屋てらこの鈴木有加里さんのお誘いで、このイベントを下妻で開催することになりました。
子どもTo共育ラボは、共催という形で運営に参加させていただきます。
f:id:ITK:20190712155047j:plain


主催の「みんなの社会力を育む会☆めぐりあい」たちかわさんの人徳により
下妻市教育委員会から後援がいただけました!!(拍手!)


このイベントの目的は、
夏休み明けの自殺をゼロにすること。
だから、ほんとうは、学校がしんどいと感じている小中学生に特に来て欲しいのです。


でもね。
不登校の子どもを持つ、お母さんも孤立してしまいがちなので
来て欲しいかな。
孤立って、よくないです。
1人で悩んで、苦しんで、不安になって。。。
その結果、気分がすごく滅入ったり、子どもに当たってしまったり。。。
悪循環でしょ。


私が、子どもの不登校状態を認められるようになったのは
不登校や引きこもりを経験した人の経験談を何度も聞いたからです。
そして、同じ境遇の人たちと想いを共有できたことで、心がすごくラクになりました。
だから、こういう場に来てほしい。


今回のイベントは、
参加された方が少しでも気持ちがラクになって帰って頂きたい!
そんな想いで開催します。


もしよかったら、
・このブログ記事の拡散
・下妻近辺のお店へ等へのチラシ設置
などご協力頂けるとありがたいです。

チラシ設置のご協力を頂ける場合は、
facebookメッセンジャーや、LINEメッセージ
ひろろ(tomoiku.lab@gmail.com)までご連絡ください。
どうぞよろしくお願い致します。

発起人 小幡和輝さんについて

約10年間の不登校を経験後、高校3年で起業。今やさまざなまプロジェクトを立ち上げている。
さまざまなプロジェクトのひとつがこの「#不登校は不幸じゃない」イベントである。
2018年、不登校は不幸じゃないを合言葉に、
もともと不登校の経験をした人と、いま学校に居場所がなくて悩んでいる子どもやその保護者が繋がれるイベントを各地で行い、2019年も100か所で開催を目指している。
 
本も出しています。
「学校は行かなくてもいい」
学校は行かなくてもいい ――親子で読みたい「正しい不登校のやり方」


この本を学校に寄贈するクラウドファンディングも始動しました。
夏休みあけの自殺を 「0」へ。母校にメッセージを届けませんか?(小幡和輝 2019/07/10 公開) - クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)
学校にはなんとか行ってるけど、本当は・・・っていう子どもが手に取れるように。
不登校の子にはどう対応したらよいのか分からない先生のために。
あなたが支援できます。


↓↓↓発起人小幡さんによる2019年のイベントページ
www.obatakazuki.com

今年の夏休みもやります!読書感想文ワークショップ

子どもと共に育とう。子どもと共育ラボのひろろです。

7月に入って1週間が過ぎ、再来週には夏休みに入りますね。

今年も「あっという間に読書感想文が書ける魔法の質問」をやりますよ!


下妻、つくば開催分は7/10から受付開始します。

今年もまた、楽しく読書感想文を書きましょ♪

どうぞご利用くださいね。

開催地などの詳しいこと、お申込みについては以下のサイトをご覧ください。

tomoiku-lab.com

肝高の阿麻和利茨城公演のこと

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。

 

みなさんはお芝居は見ますか?

私はあまり見ない方なのですが、機会があれば見ます。

 

今年の夏休み、8/10に
沖縄県うるま市の中高生が演じる「肝高の阿麻和利(きむたかのあまわり)」の公演が
みの~れで行われます。

 

この舞台、基本、沖縄まで見に行かないと見られないものなんですが、
中高生の演じる演劇だからって、甘く見てはいけませんよ。
沖縄での公演には日本中からたくさんの大人が見に来て、
胸いっぱい、感動の涙を流し帰って行くんです!!
ハートを揺さぶる伝説の舞台なんです。

 

ね?見に行ってみたいと思ったでしょ?(=゚ω゚)ノ

 

readyfor.jp

これが茨城で観られるんですからね!見ないわけにはいきません!!

 

舞台での感動体験がこのまちに生まれたことへの誇りを育み、
人づくりにもつながっているという、素晴らしい取り組み。
これが20年も続いている驚き。
茨城からも続々とファンが生まれています。
私も公演を楽しみにしてます。
 

 ダイナミック琉球のダンスもかっちょいーです!

youtu.be

 

f:id:ITK:20190708232006j:plain