あなたのかけているメガネは何メガネ?

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。
いつもブログを見に来てくれてありがとうございます!


ニンゲンって、ほんっと主観でモノをみてるよな~(^_^;)
と思った出来事を踏まえてお知らせです。

人はそれぞれ、自分特有のものの見方(メガネ)を持っている
 
「スポーツ」という単語を見ただけで、
「スポーツ関係の情報だから自分には関係なさそうだな」
と思いこんでしまう。。。


はい。それは、私です(^_^;)


先日、「いやどうも下妻」に投稿された

「スポーツ」を活用した
   まちづくり・人づくり・場づくり実践塾『寺虎家 下妻覚醒編』

 
の情報なんですが、関係の方からよぉーく話を聞いたら、
 
「スポーツの使い方を学び、まちなかで実践するコンテンツをつくる」
 
というのが主旨の実践塾なのだそうです。


スポーツって、野球やサッカー、バスケなど競技のイメージが強いですが本来は、健やかな日々を送るため、気分をリフレッシュするために楽しむものでもありますよね。
市の公式お知らせより引用すると、

「スポーツ」は、本来優勝劣敗や上手下手を比較することが目的ではなく、人々の暮らしを豊かにするための手段として生まれたものです。

と記載されています。


つまり、
競技としてではなく、人々の暮らしを豊かにするための手段としてのスポーツを、まちなかで実践するコンテンツをつくる。
という主旨なのです。


もっと分かりやすく言えば「スポーツレクリエーションの企画づくり」を実践しながら学ぶことになるのかな。。。


なので、この「寺虎家」は
「地域でイベントを企画する人や団体」さんにお勧めのプロジェクトでしょう!
 
 
イベント、毎年同じような内容で飽きてきたな。。。
 
そう感じていたら、イベントに「スポーツ」を取り入れてみませんか?



『寺虎家』の説明会が来週、
 
9/25(火)19:00~ 下妻市役所 第二庁舎3階大会議室
 
にて開催されます。
 
参加には市内在住・在勤等は問わないし、
説明会への参加は申し込みは必要ないそうで、
飛び入り参加大丈夫です。
 

公式お知らせはコチラ↓↓↓をご覧ください。
市政情報のお知らせ | 下妻市公式ホームページ

「不登校」この言葉が気になったら

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。
いつもブログを見に来てくれてありがとうございます!

不登校この言葉が気になったら、見て欲しい番組がある。


NHK・ウワサの保護者会「"学校"に行かないという選択」

 
現役不登校生の感じていること、不安。
不登校経験者の意見や考え、当時を振り返って今思う事。
生の意見が聞ける。そして、必ず共感するところがある。これが大事


私の場合、不登校経験者の「学校に行かなくても、外の世界はすごく広い」という言葉がすごく心に響きました。


そして、
不登校で学校に行っていない期間は「無駄ではなかった」
「先の自分を考えるいい期間だった」と。


「学校に行かせなきゃ!」と奮闘している保護者の方、
だいじょうぶですよ。
無理に動かそうとしても動きません。
子どもは、何も考えてないわけではありません。
思う存分休んだら、動きたくなってくるものです。
 
当事者とその家族、教員に見て欲しい番組です。
再放送9/8 12:00~ Eテレであります!
 
www.nhk.or.jp

空模様が好きなあなたへ

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。
いつもブログを見に来てくれてありがとうございます!


西日本豪雨災害、台風21号による災害、そして本日未明に発生した北海道大地震。。。
被害にあわれたみなさまが、一日も早く健やかな日常を迎えることができるよう祈ってます。
7年前に東日本大震災を経験しましたが、明日は我が身。
防災について再度見直さなくては!と思ってます。


さて、今日は本のご紹介。
つくば市にある気象研究所にお勤めの友達から教えてもらった本。
世界でいちばん素敵な雲の教室 (世界でいちばん素敵な教室)
偶然本屋さんで見つけたので、この出会いは!!と思い購入しました。
気象研究所で雲の研究をされている先生が出している本です。
雲や虹など気象にかんする疑問に答える形式で説明があり、図解もキャラがかわいくて分かりやすいです。


そういえば、8/26にすごい積乱雲があって、写真を撮りました。
f:id:ITK:20180906165808j:plain
これは「多毛積乱雲」というそうです。
限界まで発達して行き場をなくした雲が横に広がる「かなとこ雲」も特徴で、
雷を伴い、大雨や竜巻の原因にもなるそうです。


ちなみにこの先生、こちらの絵本も出版されてます。
せきらんうんのいっしょう
雲がとっても大好きな先生なのだそうです。


そしてこちらは小学生でも読める雲の本。
雲ごよみ―天気と季節の観察図鑑
漢字にルビがふってあります。
どちらも雲の観察のお供にどうぞ~。

Waiwaiハロウィンコドモマーケット

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。
いつもブログを見に来てくれてありがとうございます!


9/1、Waiwaiハロウィンコドモマーケットの出店者説明会を行いました!
f:id:ITK:20180902233939j:plain
 

初参加の子はちょっと緊張している様子で、
出店経験のある子は余裕の表情で説明を聞いていました。


さて。「お店を出す」までには、
・お店に名前をつける。
・商品の並べ方を考える。
・出品するものに値段をつける。
・お釣りは何の金種が必要か考える。。。などなど
考えて決めることがたくさんあります。

そして、お店を出す本番には、
・お金、お釣りの計算。
・お客さんへの声のかけ方。
・トラブル発生!さあどうする!?
・売れないときはどうする?
・どのタイミングで値引きをするか?
・おかたづけ
などを自力でやり、考える機会がありますね。


これらのリアルな経験から得られたことは、
座学で詰め込む知識よりも腑に落ちやすいです。
なので、この経験からなにか1つでも
学びや気づきを持って帰って欲しいな~。と思ってます!


そして。
出店経験のある子は、前回の反省を活かした出店ができると思います。
1回出店して終わりではもったいない!
うまくいかなかったことを、次回工夫してやってみる。っていうことが大事なのです。


当日は、男の子のお店が5店舗、女の子のお店が6店舗出ますのでお楽しみに♪
f:id:ITK:20180902234904j:plain



** 開催概要 **
日時:10月7日(日) 12:00~13:30
場所:Waiwaiドームしもつま
お買い物エリアには、小学生までの子どものみが入場できます。
500円以内のおこづかいをお財布に入れて入場してください。
子どもの主体性を育みたいので、親御さんの口出しはご遠慮ください。
f:id:ITK:20180813165835j:plain

当たり前にできていることに感謝する

【当たり前にできていることに感謝する】


呼吸をする。
 
しゃべる。
 
おなかがすく。
 
食べた物が美味しく感じられる。
 
目が見える。
 
歩ける。
 
朝、目が覚める。
 
眠れる。
 
 
 
挙げたらきりがないくらい
 
当たり前にできていることがありますね。
 
 
でも、これが当たり前じゃなくなるとき
 
不便を感じたり、
 
できないことが悩みの種になります。
 
 
今まで当たり前すぎて気づけなかったから
 
気づかせてくれたのかもしれません。
 
 
そんな時は、
 
今まで当たり前にできてた。ということに「ありがとう」
 
今、当たり前にできていることを見つけて
「ありがとう」を伝えよう。


そんな小さな積み重ねが
 
マイナスな感情をゼロに近づけてくれます。
 
 
 
「当たり前に”できていること”は何ですか?」

子どもが主役のコドモマーケット。出店者募集。

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。
いつもブログを見に来てくれてありがとうございます!
今日は募集のご案内です。



お店の人も、お買いものをする人もみんな子ども。
子どもが主役のフリーマーケット「コドモマーケット」を
10/7に下妻市Waiwaiドームで開催します。
そこで、小学3年生~6年生までの出店者を募集してます。(8/25まで)


お店を出す人も、お買いものをするちっちゃい子もドキドキ・ワクワクです。
なかには、自分で作った小物を販売する子も!
小さな社会体験が大きな経験になりますよ♪
f:id:ITK:20171204000543j:plain
 
残りあと5区画です。

募集要項

開催日:2018/10/7(日)
開店時間:12:00~13:30
会場:Waiwaiドームしもつま
出店者受付時間:10:00(受付後準備開始)
ブース広さ:1区画1.5m×1.5m
出店料(参加費):1区画500円(当日支払い)
雨天時:ドーム内開催なので、雨天でも催行します。
出店募集数:8区画
f:id:ITK:20171202233937j:plain

出店者条件

・小学3~6年生 自ら出店を希望していること。
・1区画に2名までなら一緒に参加可
・9/1(土)14時~の説明会に参加できる方 
・以下の目的に賛同できる保護者
【コドモマーケット開催の目的】
 このコドモマーケットは、小学3~6年生を出店対象としたフリーマーケットです。
 「お店を出す」という小さな社会体験をとして、金銭感覚やコミュニケーション能力を育むことを目的としています。
 「お小遣い稼ぎ」が趣旨ではありません。
 また、子どもが自ら考えて行動することを目的としていますので、保護者の方の手出し口出しは必要最低限にとどめて頂きます。

出店説明会について


出店者向けの説明会を下記要領で行います。
この説明会に参加することが、出店の条件となっておりますので、予定に入れておいてください。
日時:9/1(土)14:00~15:00
会場:かふぇまる(Waiwaiドームしもつま隣接)
※出店者となるお子さまが参加すること。

お申し込み方法

お申込みは、下記URLの入力フォームからどうぞ。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/271261ba262004
8/25申込み締め切りです。

あっという間に書けちゃう読書感想文@下妻・つくば

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。
いつもブログを見に来てくれてありがとうございます!

 
ここのところイベントに、読書感想文講座に。。。と、立て続けに仕事があり
Facebookへの投稿はできても、ブログに向き合う時間が取れずにいます。。。(-_-;

「あっという間に書けちゃう読書感想文」も、
8/6@かふぇまる、8/8@パルクラブ、8/10@つくば。
と、1週間に3回もお届けしました~。


8/6@かふぇまる
f:id:ITK:20180806111256j:plain
午前・午後共に満席。総勢18名。


8/8@パルクラブ様
f:id:ITK:20180808112941j:plain
小3~6年10名


8/10@つくば
f:id:ITK:20180810105022j:plain
低学年親子午前の部はとってもにぎやか!
集中力が切れて、終盤はお母さんの注意が飛び交う(笑)


f:id:ITK:20180810140349j:plain
高学年~中学生の午後の部は「静かに黙々と。」


全体の傾向としては。
高学年や、中学生くらいになると、
読み終わった時にどうなっていたいか?著者は何を伝えようとしているのか?
の問いに、的確に答えを捉えています。
その答えに、大人が感心してしまいます。


低学年さんは、
「相手の気持ちになって考える」ことができない傾向があります。
だから「著者は何を伝えようとしているのか?」の答えが出なかったりしますが、
「答えは出なくても正解」です。
低学年さんはその本が作られた意図なんて読まなくていいです。
自分が選んだ本を思いっきり、素直に楽しんで欲しいな。



では、感想をご紹介。

書くのにうでがつかれた。
小2

来年もやりたい。
作文苦手だけどこのこうざはいがいとたのしかった。
小5

あまり読書感想文を書くことが得意でなかったので、しつもん読書会をうけて書けそうだなと思いました。
中1

この会で、読書感想文を難しく考えることなく書いていけそうだなと感じました。
参加して良かったです。
中1


保護者の方の感想

こうやって考えていけば、難しく思える感想文も書けるものなんだなぁ。
と、道が開けた感じがしました。

次回は、8/19@水戸(本拠地)です!
残り3席! あっという間に読書感想文が楽しく書けちゃう!しつもん読書会