子どもが主役のコドモマーケット。出店者募集。

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。
いつもブログを見に来てくれてありがとうございます!
今日は募集のご案内です。



お店の人も、お買いものをする人もみんな子ども。
子どもが主役のフリーマーケット「コドモマーケット」を
10/7に下妻市Waiwaiドームで開催します。
そこで、小学3年生~6年生までの出店者を募集してます。(8/25まで)


お店を出す人も、お買いものをするちっちゃい子もドキドキ・ワクワクです。
なかには、自分で作った小物を販売する子も!
小さな社会体験が大きな経験になりますよ♪
f:id:ITK:20171204000543j:plain
 
残りあと5区画です。

募集要項

開催日:2018/10/7(日)
開店時間:12:00~13:30
会場:Waiwaiドームしもつま
出店者受付時間:10:00(受付後準備開始)
ブース広さ:1区画1.5m×1.5m
出店料(参加費):1区画500円(当日支払い)
雨天時:ドーム内開催なので、雨天でも催行します。
出店募集数:8区画
f:id:ITK:20171202233937j:plain

出店者条件

・小学3~6年生 自ら出店を希望していること。
・1区画に2名までなら一緒に参加可
・9/1(土)14時~の説明会に参加できる方 
・以下の目的に賛同できる保護者
【コドモマーケット開催の目的】
 このコドモマーケットは、小学3~6年生を出店対象としたフリーマーケットです。
 「お店を出す」という小さな社会体験をとして、金銭感覚やコミュニケーション能力を育むことを目的としています。
 「お小遣い稼ぎ」が趣旨ではありません。
 また、子どもが自ら考えて行動することを目的としていますので、保護者の方の手出し口出しは必要最低限にとどめて頂きます。

出店説明会について


出店者向けの説明会を下記要領で行います。
この説明会に参加することが、出店の条件となっておりますので、予定に入れておいてください。
日時:9/1(土)14:00~15:00
会場:かふぇまる(Waiwaiドームしもつま隣接)
※出店者となるお子さまが参加すること。

お申し込み方法

お申込みは、下記URLの入力フォームからどうぞ。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/271261ba262004
8/25申込み締め切りです。

あっという間に書けちゃう読書感想文@下妻・つくば

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。
いつもブログを見に来てくれてありがとうございます!

 
ここのところイベントに、読書感想文講座に。。。と、立て続けに仕事があり
Facebookへの投稿はできても、ブログに向き合う時間が取れずにいます。。。(-_-;

「あっという間に書けちゃう読書感想文」も、
8/6@かふぇまる、8/8@パルクラブ、8/10@つくば。
と、1週間に3回もお届けしました~。


8/6@かふぇまる
f:id:ITK:20180806111256j:plain
午前・午後共に満席。総勢18名。


8/8@パルクラブ様
f:id:ITK:20180808112941j:plain
小3~6年10名


8/10@つくば
f:id:ITK:20180810105022j:plain
低学年親子午前の部はとってもにぎやか!
集中力が切れて、終盤はお母さんの注意が飛び交う(笑)


f:id:ITK:20180810140349j:plain
高学年~中学生の午後の部は「静かに黙々と。」


全体の傾向としては。
高学年や、中学生くらいになると、
読み終わった時にどうなっていたいか?著者は何を伝えようとしているのか?
の問いに、的確に答えを捉えています。
その答えに、大人が感心してしまいます。


低学年さんは、
「相手の気持ちになって考える」ことができない傾向があります。
だから「著者は何を伝えようとしているのか?」の答えが出なかったりしますが、
「答えは出なくても正解」です。
低学年さんはその本が作られた意図なんて読まなくていいです。
自分が選んだ本を思いっきり、素直に楽しんで欲しいな。



では、感想をご紹介。

書くのにうでがつかれた。
小2

来年もやりたい。
作文苦手だけどこのこうざはいがいとたのしかった。
小5

あまり読書感想文を書くことが得意でなかったので、しつもん読書会をうけて書けそうだなと思いました。
中1

この会で、読書感想文を難しく考えることなく書いていけそうだなと感じました。
参加して良かったです。
中1


保護者の方の感想

こうやって考えていけば、難しく思える感想文も書けるものなんだなぁ。
と、道が開けた感じがしました。

次回は、8/19@水戸(本拠地)です!
残り3席! あっという間に読書感想文が楽しく書けちゃう!しつもん読書会

あっという間に書けちゃった読書感想文@未来屋書店水戸OPA店

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。
いつもブログを見に来てくれてありがとうございます!

今日は水戸OPA8Fにある未来屋書店併設のカフェにて
「あっという間に読書感想文が書けちゃうしつもん読書会」をやらせて頂きました。
f:id:ITK:20180612134651j:plain


最初はみなさん、緊張の様子でしたが徐々にしつもんに答えるのに慣れて、
お母さん同士が打ち解けて和やかな雰囲気になると、お子様の表情も和やかになりました。


午後は4年生以上なのでお子さまのみでの参加も可能でしたが、
親御さんも一緒に読書感想文を書きました。
親御さんも子どもと同じ体験をすることで、
「しつもん読書」方式で書く読書感想文のよさを分かって頂けました!
また、しつもんが子どもの「すなおな意見」を引き出してくれるので、
意外な一面を目の当たりにすることができたようです♪


感想を紹介させていただきますね。

本を読むのは苦手なんですが、このきっかけで読めるようになりたいです。
3年女子

はじめは緊張していたけれど、やってみたらとても楽しく書けて、あっという間に読書感想文が書けておどろきました。
またこのように書いてみたいです。
3年女子

しつもんでかくというのがビックリした。
3年男子

今日やったことを読書感想文だけでなく、他の作文や感想文に活かせそうなくらい簡単で楽しかったです。
4年女子

感想文で書くと自分の意見をどう書けばいいか分からないけど、
しつもん読書感想文で書くと、自分の意見がたくさん書けて、
自分が伝えたいことをいろんな人に伝えられると思いました。
とてもいい体験になりました。
6年女子


保護者の方の感想

半信半疑で参加しましたが、本当に「あっという間に!」書くことができました。ありがとうございました。

人の前で考え、発表する事で、普段子どもの見られない「しっかりした考えを持っている事」を知ることができました。
本を読みこむことの大切さがわかりました。

いつもイライラしていた読書感想文タイム。
導かれるようにスラスラかけました。
帰宅してからも3つのルールを心において、接していきたいと思います。

はじめはどうなるのか・・・と思ったのですが、子どもと向かい合って話ながら楽しく進めることができました。
あっという間に文が書けて驚きました。ありがとうございました。

8/3(金)に同じ会場にて開催します。
お申込みは、未来屋書店水戸OPA店 029-302-3771までどうぞ♪
f:id:ITK:20180731003131j:plain

2018夏休み小学生向け講座・イベントなどのまとめ

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。
いつもブログを見に来てくれてありがとうございます!

2018夏休みの予定が盛りだくさんです。
情報があちこちに分散しているのでここにまとめておきますね。

読書感想文

7月30日(月)@未来屋書店 水戸オーパ店(未来屋書店 水戸オーパ店主催)
8月3日(金)@未来屋書店 水戸オーパ店(未来屋書店 水戸オーパ店主催)
8月6日(月)@しもつま(こどもTo共育ラボ主催)
8月10日(金)@つくば市(こどもTo共育ラボ主催)
 
時間、募集要項など各会場で微妙に異なりますので、
詳細は下記ページにてご確認ください!
あっという間に読書感想文が書ける魔法の質問 | 子どもTo共育ラボ

お申込みについて。
未来屋書店 水戸オーパ店はお店に直接お申込みください。
それ以外は、専用の入力フォームよりお申込みできます。
上記リンク先にお申し込み方法は明記してあります。

夏休み絵の宿題お助けDay(つくるん主催)

8月8日(水)@しもつま 13:30~
詳細は下記ページにてご確認いただけます。
2018夏休み☆絵の宿題お助けDay - 社会につながる創作クラブ「つくるん♪」ブログ

イベント(子どもTo共育イベント実行委員会主催)

ワークショップ夏コレクションイベント
8月5日(日)、6日(月) 10:00~16:00
詳細は下記ページにてご確認いただけます。
ワクワク!楽しい!ワークショップ夏コレクション | 子どもTo共育ラボ
f:id:ITK:20180711211149j:plain
 
8月5日facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/619400221774699/
8月6日facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/834576340086921/

ぷにの家でマーブリング扇子づくり(つくるん♪主催)

8月21日(火)@ぷにの家(つくば市作谷) 10:30~
https://www.kokuchpro.com/event/6a600b6717c7b16226777b84ba2970f5/


「ワークショップ夏コレクションイベント」は、他に比べたら安く創作体験ができます!
無料コーナーも充実してますので、ちょっと遊びに来てください。
お待ちしてます!

不登校ゼロに導いた2人の校長先生の取り組みとは?

久しぶりの投稿になりました。


今回は不登校について書いてみようと思います。


小学校を不登校ゼロにした校長先生(木村泰子先生)がいるのは知っていましたが、
中学校の不登校ゼロについては初耳でした。
クリエイティブな校長になろう――新学習指導要領を実現する校長のマネジメント
この平川理恵先生は、民間で初の女性の校長になられた方です。
民間人校長といえば、東京都並木区立の中学校で初の民間人校長となった藤原和博さんが有名ですね。
どちらもリクルート出身と聞いて納得!です。

不登校をゼロにした取り組みには共通点があった!


木村先生や平川先生が不登校をゼロにした取り組みには共通点があります。
1つめは
不登校生が安心して居られる居場所を学校に作っている。しかも徹底的に。」
ですね。
木村元校長が現役時代のドキュメンタリー映画「みんなの学校」では、
3年間、全く学校に行けなかった男の子が転校してきて、最後にはクラスの仲間に支えられながら卒業していきました。
(なぜ、学校に通えるようになったのか。は、長くなるので割愛しますね)
転校してきた当初、木村先生が掲げた目標は「この子が安心して学校に居られるようになること」だったんですよね。。。

「安心して学校に居られる」ってどんな状態でしょうか?

映画では、その男の子は職員室でスース―眠っていて、その隣で木村先生が見守っているシーンがありました。
学校に来て寝てる!?ふつうでしたら認められないことでしょうが、
その子にしてみたら、学校は慣れない場所だし、慣れない所は疲れるだろうし、眠くなって当然でしょう。
「何しててもいいから、とにかく学校に慣れること」
木村先生の「子どもに寄り添う」このスタンスが、男の子との信頼関係を構築し、安心して居られる場所。になったのですね。。。
そして、「安心して居られる」状態になったら、「自分はここに居ていい」が実感できるようにクラスメイトとその男の子を導いて行ったのです。


つまり。「信頼関係」が土台にないと「安心」は生まれないんだなぁ。。。
としみじみ思いました。

2つ目の共通点は。

そして、2つ目の共通点は、
「子ども自身に選ばせる」主体性を大切にしている
ということです。

平川先生のこのインタビュー「不登校児をゼロにした元中学校長の「非常識」 | ブックス・レビュー | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準」で、
すごく納得したのが
「登校するかどうかを自分の主体性で決める。」
「自分から登校日を選ばせると、週休4日の子も日を選んで来る。」
と言っているところ。
「子どものやる気を引き出す魔法の質問」をお伝えしている身としては、これはすごく重要なポイントで、
人から指示されてやれることなんてなんぼ。
自分で決めた方が、よっぽどやる。能動的に動いてくれるんです。

「子ども自身に選ばせる」ってどういうことだと思う?

子どもがどんな選択をしても、それを受け止めるということ。
大人はジャッジしない。
ジャッジしないということは、子どもを信じるということ。


「行かなくちゃいけない」という気持ちと「でも行けない」という相反する気持ちは
アクセルを踏みながらブレーキを踏んでいる状態で、
本人にとって、とても苦しいことだし、前には進みません。


「行かない」という選択も認めることも大事なのです。

親もがんばらない

動かないものを頑張って動かそうとしても、動かないことの方が多いです。
頑張って、思う通りにいかなくて、あなたのためにやってるのに!とイライラして、ストレスためるんだったら、
頑張らないで、行かない選択を認めて、たまに登校できたらラッキー。っていうくらいの余裕があった方がストレスにならないし、お互いにいい関係が築けていいのではないかと私は思います。

最後に

このように、上手くいった取り組みが研究・検証され、学校に導入されていったらいいのにな。
と思います。


【関連リンク】
不登校児をゼロにした元中学校長の「非常識」 | ブックス・レビュー | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
映画『みんなの学校』公式サイト

ひろろ’sキッズインストラクター第2期生誕生

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。
いつもブログを見に来てくれてありがとうございます!

先月に引き続き、6月ひろろ’sキッズインストラクターが誕生しました(^^♪
f:id:ITK:20180615171701j:plain

水戸方面にお住まいの、くまちゃんとようこさんです。
お二人は図書館で育児コンシェルジュとして活躍されています。
絵本を探しに来た子育てママに絵本を紹介したり、
心が疲れたママのお話を聞いてあげたりしているそうです。
今回、「イライラしないママになる魔法の質問」のコンテンツを受講されたのは、
イライラしていたり不満を抱えたりしているママに笑顔になってもらうため(*´ω`)
今まで以上に、笑顔になって帰って行かれる人が増えるのではないでしょうか!


今後ともよろしくお願いいたします。

認められたい!承認欲求

こんにちは。共育ラボです。

6月を迎えましたね。
初夏のような5月だったのと、
夏休み中のイベントを計画しているせいで
気分はすっかり7月でした(^_^;)
アジサイが咲いているのを見て、
あ。まだ6月だったと引き戻される今日この頃です(^_^;)

今日は【承認欲求】について書きます。
子どもと接したり、
社会で起きているトラブルを眺めていて、
気になったのがこのキーワード。

承認欲求って何?


人が他者から認められたいという気持ちのことです。
多かれ少なかれ、誰もが持っている欲求の一つです。
マズローという心理学者の「欲求5段階」という理論があるのですが、それによると
下位の層から、
生理的欲求→安全欲求→社会的欲求→承認欲求→自己実現欲求
の順に構成されていて、下位の層が満たされれば次の階を満たしたいという欲求が働くしくみになっています。
認められたい..。承認欲求ってなんだ?|モチベーション向上の法則


承認欲求が強いとどうなる?


承認欲求って誰にでもあるものなんだけど、
それが強すぎるということは、
「私を認めて♥」「かまって欲しい」という心の奥底の無意識が表面化してしまっていること。
それがかえってトラブルを起こしたり、
頑張ってるのに空回りしてると感じたりするんだよね。
「私こんなに頑張ってるのに、なんで!?」って。



子どもの承認欲求だったら「見てみて!」とか自慢話とかでかわいいもんだけど、
大人の承認欲求って、恨み妬みになったりして捻れるからめんどくさいです(^_^;)

自分の存在意義を周囲からの評価に頼ると苦しい。


私が会社勤めをしていた20代、30代の頃は会社の役に立ってなんぼだと思ってました。
だから、育休後、職場復帰したとき
時間的に無理で、やりたくても仕事がこなせなかった時は
できない自分に辟易してました。


そう。自分の価値や存在意義を周囲の評価に頼っていたのです。

なぜ承認欲求が強くなってしまうのか?


これは私個人の考えですが。


昭和時代の子育てってダメ出しばかり。時には否定されて、
肯定されることってあまりなかったのではないでしょうか?


お母さんに認めてもらいたい。


そんな幼い時の自分が、心の奥底に居て、
ずっとそれを待っているんです。


根っこはそれ。


あのときに、
 
どんな自分でも
 
「あなたはあなたのままでいいんだよ」
 
と言ってもらえてたら
 
今、どうなっていただろう。。。






でも、過去に執着していたら何も変わりませんね。



承認欲求は自分で満たそう


私の場合、魔法の質問やアドラー心理学を実践することで
ダメな自分にOKが出せるようになりました。


え?それって自分を甘やかしてる?


いやいや。そんなことはありませんよ。


失敗した、うまくいかなかった自分にOK出した後は、
「じゃあ、次どうする?」
「それ、乗り越える?」「やめとく?」
という気持ちに置き換わります。
「ああーやっぱりだめじゃん」って自分にダメ出しばかりしてると
かえって自己嫌悪、自信喪失へまっしぐらですよ。



大人向けの「魔法の質問」講座で、必ず説明する「シャンパンタワーの法則」
自分の心のグラスは自分で満たす「愛の自家発電」をしよう。
とお伝えしていますが、それはなぜかというと
だれかに満たしてもらう=他人の評価に左右される
からです。
他人の評価って良かったり悪かったりしますが、
自分の評価は自分で決められますから一定の品質を保てるはずですね(笑)

世界はもっと幸せになれる!


だから、私は。
シャンパンタワーの法則や、魔法の質問キッズインストラクターの10か条、
アドラー心理学を実践する人が増えたら
世界はもっと幸せに、自分らしく生きられるんじゃないかと思ってるんです!
だから、私は。
魔法の質問とアドラー心理学の理論を多くの人に知ってもらいたいんです!



ということで。アドラー心理学入門編を学べる勉強会を始めます♪
水戸方面の方いかがですか~?


「勇気づけコミュニケーション勉強会ELMサーキット 」
アドラー心理学勇気づけELM」全12章を1カ月2章ずつ進める勉強会を始めます!
(全12章を6カ月かけてムリなく学びます)
 
日時:2018年6月22日(金) 14:30~16:00
場所:水戸(内原イオン)
受講料:2,100円/回
記念すべき第1回はこの2章です。
 第1章 さまざまな見方・考え方の存在を意識する。
 第2章 聴き上手になる
詳しくは下記URLをご覧ください。
https://www.reservestock.jp/page/event_series/35807
※資料を用意する必要があるので、上記ページより必ずお申込みください。