おはじき遊びからの気づき

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。
いつもブログを見に来てくれてありがとうございます!


先日、小1の女子たちとおはじき遊びをしていて気づいたことがあります。


「これって、指先の微妙な力加減の練習になるな~」って。


先日「寺虎屋」で聴いた小俣よしのぶ先生の話で、
「めんこ」や「紙でっぽう」のふりかざす腕の動きが、野球の投球フォームに役立つ。
と聴いて、昔遊びがそんなところにつながるのか!?と衝撃を受けました。
その影響でアンテナが立ったのか、おはじき遊びの効果に気づいてしまいました(笑)


私と3人の1年生とでおはじき遊びをしていたのですが、
1人だけ、おはじきをうまくはじけなくて、悔しがっていたので、
次のゲームに入る前に、
どれくらいの力加減をすれば、目的のおはじきにぶつけられるのか?感覚をつかんでみて。
というアドバイスをして、はじく練習をさせてあげあました。
すると、次のゲームでは、前回よりとても多く数が取れました!!(スゴイっ)
練習でうまくぶつかる力加減が分かったんですよね♪

f:id:ITK:20181208000736j:plain
だからといって、その「指先の微妙な力加減」が何にメリットがあるのか?は分かりませんが
指先を使う事なので、脳によい刺激はありそうですね。


折り紙、けん玉、コマまわし・・・
幼稚園時代にはよくやったなぁ。。。(*´ω`)
一般人としては、伝統を継承するためにやるのかな?と思っていたのですが、
発達を促すためにやっているのかもしれませんね。

侮れない自由遊び

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。
いつもブログを見に来てくれてありがとうございます!

これからの時代を生きる、子どもたちのためになることって何だろう?


学童で子供たちと接したり、セミナーに出向いたりして、それを探求する日々が続いています。
(ええかげん形にしていかないと(^_^;)な感じですが)


昨日は、こちらのセミナーを聞いてきました。
f:id:ITK:20181205102705j:plain
10月から始まっている「スポーツでまちづくり」をテーマにしたワークショップです。
 
まちづくりって、一見、子育てや子どもの教育には関係なさそうですが、
この「まち」で育った子供が、社会に出ていきますし、
この「まち」が大人になってから田舎になったり、居住する場所になったりするので
住みよい地域になることが子どもたちのためにもなるのかな。
と私は考えます。
 
今回の「心身の運動サイエンス」の話は、どんな話が聞けるんだろう?ていどの興味で参加したのですが、
今までの概念をひっくり返してくれるような話で驚きました。


「自由遊び」が身体能力を高める!

f:id:ITK:20181118132224j:plain
トップ選手やアスリートとして活躍している人の多くは、少年時代にたくさん外遊びをしていた。というのが、いくつかの調査の結果判明しています。
逆に、小さなころから1つの競技を長年続けて、トップ選手になった人のほうが少ないということです。
 
さらに。
 
幼・保園で、体育の専門家に来てもらって、体操の授業をたくさん取り入れている園より、自由遊びをたくさんしている園のほうが身体能力が高い子が多いんですって!
(もちろん「自由遊び」には少々危険な遊びも含まれます)
幼児期の体操教育のデメリットは、教えるとその通りにはできるけど、それ以外のことはできない(幼いので応用が利かない)。つまり、教えたことしかできない。ということです。
しかし、自由遊びは、やり方なんてありません。自分で身体の感覚で覚えて、どんどんできるようになっていきます。
その自由遊びで得た身体の動きが、後々、サッカーや野球などの競技スポーツに活かされてくるのだそうです。

 
そういえばうちの子、幼稚園時代は、外で遊ぶのが好きだったなぁ。。。
だから、小学校のスポーツテストでは成績がよかったのかも?
 

「自由遊び」といえばプレイパーク

f:id:ITK:20181118132123j:plain
プレイパークは「自分の責任で自由に遊ぶ」をモットーにした遊び場です。

プレーパークは、高い所からの飛び降りや木登りなど、リスクをはらんだ遊びに挑戦することもできる、自由な遊び場を目指しています。
(プレーパークせたがやのサイトより引用)

 
公共の施設や公園では、物が壊されないように遊びが制限されていたり、
それこそ、穴を掘ったり、木に登ったりというのはNGですね。
それをOKとする場所をプレイパーク運営団体さんが用意してくれて、
プレイリーダーという役割の大人が、遊びのきっかけを作ってあげたり、子どもの遊びをサポートしてくれるのです。


このプレイパークこそ、子どもの地頭力や身体能力を高めるいい機会、場所になるのではないかと思いました。


でも、誰も「自由遊び」のためにお金を出そうなんて思わないですよね(^_^;)
そこがちょっと運営にはネックかな。と思ってます。
場所を確保する、備品を用意する、スタッフを配置する、ケガの対応をする、片づける。など、そこには色々な労力がかかっているのに、
そこで遊ぶのに参加費は取らないですからね…
ほとんど寄付やボランティア、助成を受けたりして成り立っているんだろうな~。

「遊び」って人生の土台をつくるくらい大事なこと!

f:id:ITK:20181205115240j:plain
プレイパークや、小俣先生の話から、
「遊び」って人生の土台をつくるくらい大事なこと!
ということを確信しました👍
外遊び盛りのお子さんがいる方は、ぜひ、
あれこれ制限かけないで、危ないこともギリギリまで見守ってあげる遊びをさせてあげてください。
できれば、お友達と遊ぶ機会もたくさんあるといいな。
そして。大人も遊ばないとね(^_-)-☆

小俣先生のコラム

www.coaches-association.jp

www.coaches-association.jp


小俣先生のコラムではないですが、講義でも話してくれた内容です。
www.coaches-association.jp



プレイパークについて

★プレーパークの元祖
NPO法人 プレーパークせたがや | プレーパークで遊ぼう


★冒険遊び場
bouken-asobiba.org

オトナのしつもん読書会12月の予定

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。
いつもブログを見に来てくれてありがとうございます!


ともいくラボでは、魔法の質問を体験する
「子どものやる気を引き出す魔法の質問」の講座をはじめ、
質問を使って学びが得られる
「イライラしないママになれる魔法の質問」講座、
「しつもん読書会」
などを開催しています。
これらは、一方的に話を聞くのではなく、しつもんに答えながら進めていく内容なので、
学びや気づきを自ら得ることができます。


さて。10月は読書週間ということで「しつもん読書会」を開催しましたが、
12月も開催することになりました!
f:id:ITK:20181127195705p:plain


「しつもん読書会」とは、
本をあらかじめ読んでおかなくても
しつもんに答えて、伝え合いをしていくうちに
その本のエッセンスが得られる読書会です。


予定と内容は以下の通りです。

@しもつま
2018年12月12日(水)10:00~11:30
テーマ:「アドラー心理学
場所:下妻市内カフェ(お申し込みされた方にお知らせします)
参加費:1,000円(当日支払い)
持ち物:アドラー心理学関連の本、筆記用具、ワクワクする気持ち
お申込み:こくちーずからお申込みください。
www.kokuchpro.com


@つくば
2018年12月20日(木)19:00~21:00
テーマ:絵本で癒されよう
場所:つくば市竹園付近カフェ(お申し込みされた方にお知らせします)
参加費:1,000円(当日支払い)
持ち物:絵本、筆記用具、ワクワクする気持ち
お申込み:こくちーずからお申込みください。
www.kokuchpro.com

新月の夜のしつもん読書会

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。
いつもブログを見に来てくれてありがとうございます!


11/8「読書の日だから"しつもん読書会"@つくば」開催しました。
この日は、新月で、木星がホームの射手座入りという天体のイベントがダブルで起きる日。
どんな引き合わせがあるんだろう。とドキドキ。

 
今回は、キッズインストラクターのはるなちゃん(リアルに会うのはお初!)と、しつもん読書も魔法の質問も初めてというお2人が来てくれました。
(見ず知らずの私の読書会に来てくださり、ありがとうございます♪)

 
最初は緊張な雰囲気で始まりましたが、答えを伝えあったり、雑談しているうちに和んでくるのがしつもんワークの魅力♪ 
本も特にテーマを指定しませんでしたが、
それぞれ、本から得られる気づきのテーマが「自分らしく生きる人生」といった感じで似ていました。


今回、なんといってもオドロキだったのが、
はるなちゃんが大好きなハウスメーカの営業さんを引き寄せてたということ!!
ちなみに、はるなちゃんの選書は「自分の引き寄せ力を知りたいあなたへ」という引き寄せがテーマの本。
これはもう。
はるなちゃんのために開いた読書会でしたね~(≧▽≦)はるなちゃん、ラッキー。


しつもん読書会では、最後に「魔法の質問」を作ります。 
産まれた魔法の質問は、
「あなたはこれからどう生きたいですか?」
「どんな未来に行きますか?」
「自分のダメさに気づいた時、どのように気持ちを切り替えますか?」


MVQは満場一致で男性のKさんでした。
本:「美味しいごはん」料理人ちこ
しつもん:あなたは普段何を食べていますか?
     そして、これから何を食べますか?


普段自分が食べているモノって。。。作ったものの残りとかが多いかな。
これから何を食べるか?・・・自分の身体のためになるものを月に1度は作って食べたい。
というのが私の答えでした。
ないがしろにしているところを気づかせてくれる魔法の質問でした。
すばらしい!


平日夜開催、また計画しようと思います!
ご縁に感謝😊

PTA研修として魔法の質問を届けてきました

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。
いつもブログを見に来てくれてありがとうございます!


今日は、下妻市立宗道小学校のPTAのみなさまへ魔法の質問の講座を届けてきました。
地元の学校にこの講座をお届けできて、うれしい限りです。

 
今回は研修時間が1時間10分と、いつもより短かい(いつもはたっぷり2時間コース)ので
最後まで到達できるかどうか心配でしたが、
みなさんのご協力により、最後までゴールできました。


このご依頼を頂いた後、研修委員会のみなさんには講座を実際に体験していただき、
今日は、各グループに1名入ってもらったので、スムーズに進行できたのだと思います。
委員会のみなさん、担当の先生、細やかな対応をして頂き、ありがとうございました。


参加者のみなさんは、
「なんで?」と「どのようにすれば?」の違いを実感して、日頃の自分の声かけを反省することができたり、
「まずは自分を満たす」ことの大切さを分かってもらったりして、
始まりの時はシーンと緊張な面持ちでしたが、最後はニコニコ笑顔、前向きな気持ちで帰って行かれました。
 
2回目の参加となった、研修委員会の方は
「前回受講したのに、全然「なんで?」のしつもんしちゃってたよ~Σ( ̄ロ ̄lll)」
「言ってから気づくんだよねぇ」
と言ってましたが、
習慣になってしまったものは、そう容易には変えられないものですね(^_^;)
 
自分が「なんで?」と言ってしまったことに気づいたら、その後に
「どのようにすれば?」と聞いてみればいいんです。
ちなみに、「気付ける」ってだけでも受講前より進化してますからね♪


短時間だったので、急ぎ足の講座でしたが、逆にギュッと詰まった内容でお届けできたと思います。
この度は、お呼びくださりありがとうございました。

読書の日だから「しつもん読書会」@下妻開催しました

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。
いつもブログを見に来てくれてありがとうございます!

10/27は読書の日。
読書の日だから「しつもん読書会」を開催しました。


課題図書は「質問は人生を変える」マツダミヒロ
質問は人生を変える



私のワークの内容からまとめると。


この本を一言でいうと「自分を整えるのに最適な本」
なぜなら、人に使うよりも、自分に問いかけるしつもんがたくさん詰まった本だから。
そして、
この本にある問いかけを自分にしていくことで
本音が引き出され、
自分らしい人生を生きるための答えが見つかる本。
なのではないかと!思いました。
 
 
さて、しつもん読書会では最後に自分で「魔法の質問」を作ります。
 
今日、この本から生まれた質問は
「どういう所で役立てたいですか?」
「何から始めますか?」

です。
質問を作ったのは初めての方でしたが、
なかなか良いんじゃないでしょうか❗
 
作った質問にもちゃんと答え合いました。
 
 
忙しくて本を読む時間が取れないときは、どうぞしつもん読書会にお越しください。
次回は11/8、つくばです。

www.kokuchpro.com

読書の秋ですね。しつもん読書会開催します

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。
いつもブログを見に来てくれてありがとうございます!

10/27は読書の日。
そして、10/27~11/9が読書週間。
そして、読書といえば「しつもん読書会」
この機会に「しつもん読書会」を久しぶりに開催します。

www.kokuchpro.com

www.kokuchpro.com


※10/27と11/8で内容と料金が違いますのでご注意ください。


11/8は新月
そして、占星術で見ると、木星がホームグラウンドの射手座に移動する日。
2018/11/8からの1年は成功・拡大・発展しやすい12年に1度のタイミングです。
このタイミングに、自分の未来につながる本からエッセンスを得て、
豊かな未来をゴール設定しましょう!