【お知らせ】10/31知ろう・話そう・つながろう!不登校おしゃべり会

8月に"#不登校は不幸じゃない"というイベントを共催という形でやらせて頂きましたが、
今度は主催で、おしゃべり会という形でやることにしました。


今回のテーマは「どうする?兄弟で不登校」です。
もし、兄弟で不登校になってしまい、悩んでいる。という人をご存じでしたら、
このおしゃべり会を紹介してください。
必要な人に届いて欲しいです。


<<知ろう・話そう・つながろう!不登校おしゃべり会@しもつま>>

日時:2019/10/31(木)13:00~15:00
テーマ:どうする?兄弟で不登校
会場:わいわいハウス ミーティングルーム
(下妻Waiwaiドーム横の地域交流施設)
参加費:大人500円、子ども無料

「どうする?兄弟で不登校」ということで、不登校3兄弟を抱えたママたちをゲストに迎えます。
兄弟で不登校になると、家ではどう過ごしているか?、親としてどう関わってるか?など、気になることたくさんありますよね?
おやつをつまみながら、先輩ママにいろいろ聞いたり、楽しくおしゃべりして、心を少しでも軽くしましょ♪
お子様連れOKです。
ボールを持ってくればWaiwaiドームで遊べるし、わいわいハウスには子ども用のボルダリング設備があります。


お申込みは以下のGoogleフォームよりお願い致します。
https://forms.gle/fxH5rN3CzCQQuCRa9

〇〇は人間関係の潤滑油

我らが「しもつま3高」の会長・住谷辰夫さん。
実は、自動車ディーラー業界で、整備部門を主力とした斬新で画期的なビジネスモデルを確立したすごい人なのです!
この日は、住谷さんの現役時代の経営改革の話を聞いてきました。

==== 
なぜ、住谷さんは人望が厚いのか?
なぜ、経営が傾きかけたお店をV字復活させることができたのか?
詳しく書くと、長くなってしまうので書きませんが
ひとつの要素として私が気づいたことがありました。
それは、
ねぎらいおもてなしです。


身内(社員)へは、ねぎらい
誕生日には定時で帰れるように上司を介して促したり、
お祝い事があれば、会社から花束を贈ったり。。。


お客さまへは、おもてなし
納車のときは、特別な納車ルームで花束をプレゼント。とか、
コーヒーを出すときも、コーヒーメーカーで淹れたコーヒーではなく、
住谷さんがハンドドリップして出したこともあったそうです。
おもてなしされると、また次もここにお願いしよう。っていう気持ちになりますよね。

 
これが、自分やお店にファンを作るヒケツなのだと確信しました!


ねぎらい。といえば。
ちょうど、こんな本が出版されたんです。
人間関係が一気にうまくいく ねぎらいの魔法: のべ1万店舗を指導してきた講師が教える とっておきの秘密 (知的生きかた文庫 か 67-1)
兼重日奈子さんは「ねぎらいカンパニー」代表で、
アパレルなどの小規模店舗の店長さん向けにねぎらい流研修を提供しています。
全国からオファーのある人気の研修で、
水戸でご一緒させていただいたことがあるのですが、
その店舗の中を日奈子さんと歩いていると、ショップの店長が次々と日奈子さんへ話かけてくるという
受講者さんからとても慕われている存在でした。
その存在を目の当たりにしたら「ねぎらい」って、人間関係の潤滑油みたいなもので世の中を明るくするなぁ。。。って思いました。
今、ちょうど出版キャンペーンをやってますので、気になった方は本を手に取ってみてください。
on-line-school.jp

台風15号千葉災害支援「アシスト瓦づくり」

9/21(土)今日はしもつま3高として、
台風15号千葉災害支援「アシスト瓦づくり」ワークショップを開催しました。
facebookイベントや、投稿を見て参加してくださったみなさん、ありがとうございました😃💕

 
facebookのお友達のシェアで知った、
災害救援レスキューアシストさんの「アシスト瓦」
壊れた瓦の代わりになるのだそうです。

 
台風による千葉南部の災害で、
屋根がやられて、雨漏りで困っている家庭が多いとか。
修理するにも、数が多過ぎて瓦屋さんがきてくれるまでどれほどの日数を要するか…(遠い目)
その間、この代替瓦でしのげるなら、少しでも協力してあげたい。
 
しもつま3高で制作ワークショップとして開催すれば、"被災地支援何かしたいけど…"って考えてる人が関わりやすいんじゃないか?
と考え、
3高役員さんたちに相談して、
快諾で実現😃❗(ありがとうございます💕)
 
3高メンバーが入れ替わりたちかわり来て、
作業を手伝ってくれました。(ありがとうございます💕)

ダンボールの切り出しを延々と・・・お疲れ様でしたm(_ _)m
f:id:ITK:20190924153423j:plain
↓たまには交代
f:id:ITK:20190924153440j:plain
常総市から制作の手伝いに来てくれました。
f:id:ITK:20190921140434j:plain
翌日は、ご自身で材料を全部用意して作られたとか!(すばらしい!)
 
↓途中、打ち合わせに出かけて行ったメンバーが、
お肉屋さんのメンチを買ってきてくれて、作業メシ(•̀ᴗ•́)و
f:id:ITK:20190921122150j:plain
 
↓小学生がお手伝いに来てくれた!
f:id:ITK:20190921131129j:plain
 
↓瓦にメッセージを書いてもらいました!
f:id:ITK:20190924154149j:plain
 
↓募金もやってます。(入れ物も手づくり)
f:id:ITK:20190920211051j:plain
 
↓この日だけで35枚できました!
f:id:ITK:20190921173344j:plain



こうやって、企画に協力してくれる3高メンバーさんにいつも助けられてます☺️
助け、助けられ、楽しくてあったかい関係です💕
だから、こういったボランティアの活動が続いちゃうんだろうな〜。って思います。
 

アシスト瓦を作ってみたいという方は、
災害救援レスキューアシストさんで公開している制作手順書がありますので、
ダウンロードして作ってみてください。
 
参考までに材料は、
ダンボールは、折り目のない物。
UVシルバーシートは、個人で作るなら#4000で1〜1.5畳くらいのものをお勧めします。(3畳だと20枚くらい作れるのですが、1人では大変です!)
防水テープは「アサヒペン 水に強い 強力粘着 パワーテープ 多用途」がホームセンターで手に入りやすいのでこれを使いました。


しもつま3高では、9/29(日)の15:00〜16:00に、個人で制作されたアシスト瓦を集めます。
一緒に送っていいよ。という方は、上記時間の間に、かふぇまるまでお持ちください。
cafe&studio かふぇまる
茨城県下妻市下妻乙339

お金と人生の幸せな関係について知るしつもん読書会

「お金と人生の幸せな関係について知るしつもん読書会」ということで、
本田健さんの著書「happy money」でしつもん読書会をやりました。


1冊の本を複数人で読む形式は久しぶりにやったのですが、いいですね~(^^)
それぞれ着眼点が違うので、全ページを1人で読む必要がなくなり、お得な感じがするんです。
今日は特に、本田健さんの講演で「happy money」について聞いていたしゃうりんがいたので、
健さんがこの本を通して伝えたいことがダイレクトに知ることができました。ラッキーです。


本を開いて、「まえがき」に
あなたのお金はニコニコ笑っていますか?
と書いてありました。
 
正直、そんなこと考えたことなかったです。
私のお財布に入っているお金は・・・
寂しがり屋であっという間にいなくなってしまう性格かな(^_^;)
 
お金はエネルギーです。
幸せなお金(Happy money)が世の中にたくさんあったら、
それを循環させれば世の中も幸せになることでしょう。
本田健さんは、今回の本について
お金に対する価値観が癒され、世界の平和につながるように。という想いを込めて書かれたそうです。
ちょっとでも気になるなら、この本を読んでみてください♪ 
新しいお金の概念を知ることができます。
一瞬で人生を変える お金の秘密 happy money



さて、読書会の最後には、各自「魔法の質問」を作り、人数分の魔法の質問ができあがるのですが、
その質問でまた答え合うというのをやります。
今回作られた魔法の質問は!↓コチラ

A. 一瞬で大金持ちになったら、幸せのためにそのお金で何がしたいですか?
B. さあ、今からどうする?(どんな選択をする?)
C. あなたはこの本を読んで、何かお金に対する考えがかわりましたか?
 何か実行できることはありますか?
D. あなたの持っているお金を心地よく使うには何をしますか?
E. 財布の中のお金はどんな性格ですか?

「魔法の質問」とは、相手のやる気や能力を引き出す、相手のためになる質問です。
MVQは"A"でしたが、"E"は考えてみるとおもしろい質問で好評でした。


最後は、プリンスマネーギフトカードで、またしつもんに答え合う~♪

答えに紐づくエピソードや、自分が知っているお金の話など、どんどん話題が飛び出してきて
おもしろかったです!
お金の話ってとてもしづらいですが、これは気軽にできていいツールだなぁ。って思いました。


f:id:ITK:20190912144719j:plain
参加のお誘いで、快く参加を決めてくださったみなさん、ありがとうございました!
今日は笑ったお金が循環したはずです♪


次は、みんなの学校 元大空小学校校長である木村泰子さんの本でしつもん読書会をやろうかな~♪
決まったら、ブログとメルマガ、facebookで告知しますね!

《2019/9/15追記》
この読書会に参加してくれた"てらこやてらこ"さんが、ブログに書いてくれました!
てらこさんはhappy moneyの本から「もう十分だ。必要なものは全部ある」っていうメッセージを受け取りました。
受け取るメッセージ(キーワード)ってほんと人それぞれ違います。
そしてそのキーワードは何度も本人の口から発せられるので、腑に落ちるものがあるのではないかと思います!
ameblo.jp

わんこの不調から

今日は午後から、本田健さんの「一瞬で人生を変えるお金の秘密 happy money」という本でしつもん読書会をやるのでしたが。。。
午前中に色々準備をしようと思っていたのに、
朝、わんこを散歩に連れていこうとしたら、ハウスから出てこない(*_*)

続きを読む

8.18 #不登校は不幸じゃない ご報告

不登校は不幸じゃない」を合言葉に、
不登校の経験をした人と、いま学校に居場所がなくて悩んでいる子どもやその保護者が繋がれるイベント「#不登校は不幸じゃない」が各地で(全国で100か所以上!)開催されました。


茨城県内では、水戸・笠間・筑西・古河・つくば・下妻と6か所で開催!
我々、下妻会場は、ライズ学園の小野村さんはじめ、
スタッフのみなさん、ライズ学園を卒業された方々のご協力を頂き、
実りのある会になりました。

続きを読む

肝高き阿麻和利の子たちの舞台

沖縄からやってきた舞台「肝高の阿麻和利茨城公演」を観てきました!

 
 
まず、現代版組踊「肝高の阿麻和利(きむたかのあまわり)」とは?

沖縄に古くから伝わる伝統芸能「組踊」をベースに、現代音楽とダンスを取り入れて、勝連城10代目城主「阿麻和利」の半生を描く、いわば「沖縄版ミュージカル」。 1999年に、当時の勝連町教育委員会が、子ども達の感動体験と居場所づくり、ふるさと再発見・子どもと大人が参画する地域おこしを目的に企画したものです。
引用:現代版組踊「肝高の阿麻和利」公式ホームページより

出演者はみんなうるま市の現役中高生!
学業や部活をこなしながら、この舞台の練習もしているそうです。


さて。
この舞台を見た多くの人が、感動で泣いたという話を聞いていました。
だから私も、どこで泣いてしまうのだろうと、ドキドキしながら見てました(^_^;)
 
私が印象的だったのは・・・
 
舞台は前半と後半に分かれていて、トータル2時間半という長丁場なのですが、
会場の前半の雰囲気と、終わりの方の雰囲気が全然違っていて、
終わりの方は、全体的に歓喜に満ちている感じがしたところ。
 
会場の通路にキャストが並んで歌い、踊ることがあるのですが、
精一杯の笑顔で歌い、踊っている姿を間近で見るので、すごく臨場感があって、
その姿がキラキラしていて、素敵だなぁって思いました。
そして、キャストのみなさんの一体感が素晴らしく、
最後の方は観てる側までその一体感に巻き込まれてしまう感覚でした。


舞台が終わった後は、ロビーで観客をお見送りしてくれます!
最後の最後まで見送って、シメも歌と踊り!


肝高の子たちが、心を込めて精一杯演じ、歌い、踊り、演奏するその姿勢に
大人は感動で涙が出てしまうのかもしれないな。って思いました。


今回私は、茨城公演実行委員としてお手伝いさせて頂きました。
課題が発生すれば、自分に出来ることはないか、考え、行動に移しました。
情報のシェアのみならず、
ワークショップや講演会への参加のお誘いや、クラウドファンディングへの支援依頼などさせて頂きました。
しつこいお誘いに乗ってくれたみなさん、クラウドファンディングに協力してくださったみなさん、
舞台を見に来てくれたみなさん。
ありがとうございました!


そうそう、当日は現場スタッフとしてもお手伝い。初めてチケットの"もぎり"をやりました(笑)
舞台だけでなく、ちょっと裏側も見ることができたし。
とってもいい経験になりました!
f:id:ITK:20190815013545j:plain
沖縄に見に行ける日が来るといいな♪



参考までに公演のダイジェスト版を貼っておきますね。

肝高の阿麻和利 11月公演 お客様に感謝を込めて