感動体験の種をまき続ける平田大一氏

2019/8/10に小美玉市四季文化会館「みの~れ」にて、
沖縄の中高生有志が演じる舞台
現代版組踊 「肝高の阿麻和利~きむたかのあまわり~」
が行われます。
通常は、沖縄でしか見られないのですが、今回は20周年ということで、
関東公演として、東京と茨城で行われるのです!


この「肝高の阿麻和利」初回演出家である平田大一氏。
5/18に組踊ワークショップと講演会を行うということなので、一度はお話を聴きたい!と思い、行ってきました。
f:id:ITK:20190518154835j:plain


平田氏の話は、「肝高の阿麻和利」のロゴのモチーフについてや、テーマソングの歌詞について、
ご自身の学生時代の話、KBG84(小浜島ばあちゃん合唱団)の話、小浜島キビ刈援農塾話など幅広くて、
いろいろ手がけているなーと思いましたが、
軸は「文化を基調とした地域づくり、人づくり」なんです。
それをいかに楽しんで世の中に出すか?に注力してるなーって思いました。


また、話の間に、阿麻和利のテーマソングや、三線で弾き語り、沖縄の笛を披露してくれました。
f:id:ITK:20190518180259j:plain
沖縄は行ったことがないし、方言もいまいち分からない沖縄オンチの私ですが、
平田氏の歌には魂がこもっていて、心に響きました。


そして、平田氏の話を聴きながら、
「文化を基調とした地域づくり、人づくり」を下妻でやるとしたら・・・
「光を当てるべき歴史や文化って何があるんだろう?」
って考えてました。(思いつきませんでしたが(^_^;)


最後の方で、平田氏が演劇指導に行った小学校高学年の子どもの感想文を交えながら話をしてくれたのですが、
印象に残ったことが2つありました。


1つめは、平田氏の子どもに対する言葉かけ。
振る舞いについて注意する前に、同情する(ねぎらう)言葉をかけていること。
2つめは、「感動体験の種をまき続ける」と言っていたこと。
子どもが変わるきっかけとなる言葉は、人それぞれ違う。何がヒットするか分からない。
だから、種をまき続ける。
ということ。


私も、種をまき続けていきたいな。と思いました。
私がまく種は「しつもん」ですけどね(笑)


「肝高の阿麻和利」の茨城公演。
演じる沖縄の子たちにとっては、部活の茨城遠征みたいなものでしょう。
せっかく茨城に来て公演してくれるのだから、しっかり見たいし、応援もさせていただきます!
みなさんも、もしよかったら応援してくださいね!!
readyfor.jp


平田大一氏についてもう少し詳しく知りたい方はこれを読んでみてください
shimbun.kosei-shuppan.co.jp


4年前の情報ですが舞台の練習風景
www.urumajikan.com


うわさの「天国に一番近いアイドル」KBG84(小浜島ばあちゃん合唱団)
youtu.be

子どもの持つ力を絶対信頼している香葉村真由美先生。

いかがお過ごしですか?共育ラボひろろです。


香葉村真由美先生と中村文昭さんの話を聞いてもらいたくて
ここにYoutubeのリンクを張ります!!


香葉村真由美先生を知ったのは、2014年。
2013年に「第一回あこがれ先生プロジェクトinいばらき」に真由美先生が登壇されたので知ったのでした。
真由美先生の話をリアルに聴けたのは、去年の11月!
4年越しで念願叶いました(^^)b


真由美先生、普通の教師ではないです。
11月に聞いた先生のお話しからは、
・子どもたちに対する真摯な姿勢
・どんな子でも取り残さない。教室をクラスの子全員の居場所にするという決意
・子どもたちの持つ力を絶対信頼している姿
がとても印象的でした。
  
もし、真由美先生に教わっていたならば、
もっと自分に自信を持って生きられたかな…
一生忘れない恩師になることでしょう。
 
 
また、真由美先生の人生ストーリーには、本人も精神的ダメージを受けてしまうくらいの大きなトラブルが何度も起きてます。
でも、そこから、先生は大切なメッセージに気づいて、受け取って、それを無駄にすることなくバネにして、大好きな教室に戻って行きました。
 
「なんといっても、教室と子どもたちが大好き❤️」
ですって💕
真由美先生が教師なのは、天職だったんだなぁ。ってしみじみ思います。


ということで、真由美先生の話、聞いてみてくださいね!!
youtu.be
<真由美先生の紹介からの~エピソードその1(5分くらいから)>

youtu.be
<エピソードその2。どんな親でもそのままでいい。子どもはやっぱりそれを承知で生まれてきているんだな。っていうのが分かるお話し。>

youtu.be
<エピソードその3。しゃべらない女の子を変えたクラスメイトの愛>


真由美先生の本も出版されてます。
先生が受け持った子どもとのエピソードが書かれています。
涙なしでは読めません(ToT)
子どもたちの光るこえ

「何度言ったら分かるのっ!」は何回言ったら効き目がある?

「何度言ったら分かるのっ!」

 
って、子どもによく言ってませんか?
 
これ、何回言ったら分かってもらえるんでしょ?
 
親としては3回くらいで分かって欲しいですけど(笑)
 
 
 
 
答えは・・・532回!
 
 
ビリギャルを指導した坪田先生が実験をしたら、532回になったそうです。
ヒャー(*_*)根気が要りますね(^_^;)
(毎日3回くらいずつ言ってれば半年くらいで分かってもらえるようになるのかな???)
 
 
なにはともあれ。根気のいることです(^_^;)
 
でも、そんなにたくさん言わなくても済む方法があるんです。
 
それは、
 
「しつもん」をすることです。
 
 
「子どものやる気を引き出す魔法のしつもん」講座では、どんな「しつもん」をすれば
相手のやる気や行動を促せるのかお伝えしています。
5/17(金)に開催しますので、興味のある方はぜひ受講してください。


受講された方からは、

・質問を教えてもらうだけだと思っていたので、自分がポジティブになれる体験ができ
 とても楽しかった。子育てに取り入れられそうなポイントもたくさんあった。
 
・言葉が変わると子どもたちの態度がどう変わるのか、楽しみ!
 
・普段、考えないことを考えて、自分と向き合えて充実した時間を過ごすことができた。

という感想を頂いています。
 
子どもが「自分で考えて行動してくれればいいのに!」と願っているお母さんにおススメです。
 
子どものやる気を引き出す「しつもん」ってどんなしつもんなのか気になる!っていう方もぜひ受講してくださいね。
 
お申込みお待ちしております。
「子どものやる気を引き出す魔法の質問」講座お申込み | 子どもTo共育ラボ


△▼△▼△ 開催概要 △▼△▼△
開講日: 2019年5月17日(金)10:00~12:00
場所:下妻市内施設(申込された方にお知らせします)
料金:2,000円(再受講:500円)
用意するもの:筆記用具、ワクワクする気持ち

魔女のフェスタ。からのぉ~

ひろろです。今日は平成最後の日。
どんな1日でしたか?

私は、石岡にある「朝日里山学校」が会場になっている「魔女のフェスタ」に行ってきました。


出かける前に「人がいっぱい!」という情報をもらってびっくり。
1時過ぎに到着したのですが、それでも校舎のなかは人でごったがえしていました。


しもつま3高のお仲間やお友達も出店していました(^^)b
 


フェルト小物を作っている「Fu~」さん。
みよ!茨城県をモチーフにしたストラップですぞ!!
f:id:ITK:20190430134522j:plain


会場の朝日里山学校は、元小学校。レトロな木造。
掲示物などそのまま残してあるものもあって、
廊下に立体地図(レリーフマップ)掲示されていたのですが、
私が小学校の時にもあったなぁ。。。と懐かしさを感じながら眺めてました。


それにしても、雨がしとしと、よく降ったなぁ。
小学校周辺はこんな感じ。のどかでしょ~。
 
小貝川・鬼怒川流域は田んぼばっかで、まっ平なので、この山並みが新鮮です。
Fu~さんや3高仲間とダベりながら閉店まで過ごしました。




さ。帰りは、ちょっと寄り道。
会場からわりと近いところに、今年沖縄から越してきたパワーストーンブレスショップがあるので、行ってみました。
 


パワーストーンショップですが、お札とか、お守りとか、おみくじが売っています。
天然石も少し売ってますが、石の名前が書いてなかったな~。
石の種類というよりは、インプレッションで購入するタイプのお店のようです。

せっかく来たので、琉球ガラスの破片袋詰めと、折り鶴にメッセージが書いてあるおみくじを購入しました。
メッセージは、最近感じていることでした。いいヒントになりそうです。

power-stone-tenrin.com


平成最後の一日は、のんびりおだやか~に過ごすことができました。
ありがとうございます!

4.26 癒しのえほんじかんNight

ひろろです。いかがお過ごしですか?


魔法のジョイントteatimeで絵本の読み語りを聞いたり、
実際に読み語りをしていくうちに
大人にも「絵本」っていいかも!
と思うようになりました。


絵本で心がなごみ、いやされる。


その心地よさを身近な人にも感じてもらえたらいいな!
しかも、お酒を飲みながら絵本の話を聞くのはどうだろう?
と思いつき、
「癒しのえほんじかんNight」を企画しました。


f:id:ITK:20190430175127j:plain
この日、かふぇまるでは無駄話オトナBarが営業していました。
この環境だからこそできる、大人の絵本時間。バッチリです(^^)b


f:id:ITK:20190426201540j:plain
揃えた絵本を見て「動物が好きなの?」と図星な問いかけに私もびっくり。
主人公がクマ、やまねこ、ペンギンと、確かに動物ものが多かった(笑)
でも、絵本って動物が主人公のお話多いですよね???


そろえ方は、絵本同士の関連性をちょっと意識しました。
例えば、「くまとやまねこ」という絵本から
 → クマが主人公の「クマと森のピアノ」
 → やまねこが主人公の「やまねこのはなし」
と、1冊の絵本に関連するキャラクターがそれぞれに出てくる絵本を用意したり。
読む予定の絵本の作家さんが書いた別の作品を用意したり。と。
         


1冊読み終える毎に、私のお気に入りポイントを伝えると
それぞれ感じたことを伝え合ったりして話が盛りあがりました。
絵本を通して思ったこと、子どものこと、趣味の話などなど、初対面でも気兼ねなく話ができてよかったです。


次回は6月かな?
決まり次第、Facebookで告知します。
5月は24日に「しつもん読書会」をやりますね。

心が潤うTeaTimeでした

4/19、魔法のジョイントtea time 主催の高橋純子さんにお呼びいただき、 絵本を読まさせていただきました。
 

 

読んだ絵本

出会いと別れの春。そして、はっと気づかされる質問。にぴったりな絵本があったので、この2冊を読みました。
 

「くまとやまねこ」作: 湯本 香樹実/絵: 酒井 駒子
親友のことりが死んでしまうというショッキングなシーンから始まるお話。
暗くて重い「死」をくまくんはどう乗り越えたのか。最後には光がさして望みが湧いてきます。

 

「最初の質問」詩: 長田弘/絵: いせようこ
ハッと気づかされるしつもんが詩になっています。
しつもんばかりだと苦しいのですが、いせようこさんの絵が緩和してくれます。
詩「最初の質問」は、中学3年生の教科書に載っているそうです。

用意した絵本

よるくま
知らない人はいないんじゃないか?っていうくらい有名な酒井駒子さんの絵本ですね。


森の絵本 (講談社の創作絵本)
文:長田弘/絵:荒井 良二
あなたの本当に大切なものは?と読み手に問いかけてくる絵本です。


はくちょう (講談社の創作絵本)
「はくちょう」文:内田麟太郎/絵:いせひでこ
白鳥の絵がステキです。青に白が映えます。
池が意思を持ち、一羽の白鳥を応援します。


ルリユールおじさん (講談社の創作絵本)
ルリユールおじさん」 作:いせひでこ
これも、いせひでこさんの絵です。フランスの街並みの画がステキです。
使いこんでほどけてしまった図鑑を、「ルリユールおじさん」に再生してもらうお話です。


あおのじかん
青がベースになっている絵本です。描画が細かくてすごいなと思いました。
夏のくそ暑いときに、ちょっとでも涼しくなるように・・・と思ってこの絵本を小学校の読み聞かせで使ったことがあります。
夜に読んでも落ち着きそうでいいですね。


たいせつなこと (ほんやく絵本)
なんと、うちだややこさんが翻訳した絵本です。
あなたはあなたのままでいい。
学年末に読んであげたい絵本。



ひとつのお話でも、そのとらえ方は十人十色。
そのお話から何を想ったか。を伝え会うと、
自分にはなかった考えに気づき
新たな視点が得られてとても新鮮です。


大人にも絵本はいい!と確信したので、大人向け絵本の読み聞かせの会を企画しました。
絵本の絵とお話しで癒されたい方はぜひ、お越しください。
www.facebook.com

「遊び」って人生の土台をつくるくらい大事なこと!

以前、facebookに投稿したのですが、ブログに残しておきます。


2018/12/4に、フィジカルコーチである小俣よしのぶ氏の「心身の運動サイエンス」について話を聞いてきました。
www.facebook.com


小俣氏の話は、スポーツを専門としない私でも分かる内容でした。

身体能力が高い子は外遊びをたくさんしていた!

私が一番衝撃をうけたのは、「自由遊び」がとても大事だということです。
(もちろん「自由遊び」には少々危険な遊びも含まれます)
トップ選手やアスリートとして活躍している人の多くは、少年時代にたくさん外遊びをしていたそうです。
 
しかも。
 
幼・保園で、体操の専門家に来てもらって、体操の授業をたくさん取り入れている園より、自由遊びをたくさんしている園のほうが身体能力が高い子が多い。という事実!
驚きました。
無理やりやらされて、運動が嫌いになるより、
自由に遊んで、運動が好きになってくれたほうがいいですよね。
 
f:id:ITK:20190219212334j:plain
 

失われた3つの間

ところで。
今の子どもたちに失われてしまったと言われている「3つの間」ってご存知ですか?


ひとつは、「時間」
塾や習い事で「自由な時間」が減少してしまいました。
 
2つ目は「空間」
特に、都会で、だと思うのですが、
公園でボール遊びや、大きな声を出すことを禁止されていたり、
住宅密集地では、ご近所さんを気にして思う存分遊べない事情もあるそうです。
 
3つ目は「仲間」
友達が習い事に行ってしまったり、学童に行ってしまうと
放課後に会うこともできない。という状況にあります。


この3間(さんま)が失われたことが、子どもたちの運動能力の低下を招いている。
とも言えるのです。
f:id:ITK:20181118132225j:plain

「遊び」って人生の土台をつくるくらい大事なこと!

小俣氏の話を聞いて、
「遊び」って人生の土台をつくるくらい大事なことだ。ということに確信を持ちました。
ファミリーでアウトドアに出かけたり、日常ではできない体験をさせてあげるのもいいですが、
それはもしかしたら、「子ども同士で遊ぶ」機会を奪っているのかもしれない。
「子ども同士で遊ぶ」ことが、身体能力だけでなく、コミュニケーション力も育むことになるのですね。


ということは!!
 
自分の責任で自由に遊ぶ「プレイパーク」は、子どもたちにとって、とってもよい環境ですね。
それは親にとっては、手や口は出さないように見守るという忍耐の時間になりますが(笑)
f:id:ITK:20181118132124j:plain

子どもの体力低下についてや、小俣氏のコラム、興味があったら読んでみてください。

www.coaches-association.jp

www.coaches-association.jp

www.coaches-association.jp

coachunited.jp