しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

子どもの話を聴くときにするといいこと。

今日は学童でお仕事の日。
今週は家庭訪問週間なので、子どもたちは早めに下校。
ということは、学童に居る時間も長くなるという事。
「はなれ」と呼ばれる、アクティブに遊べる部屋があっても、
やはり室内は室内。
ストレス発散のため、アクティブっ子たちは公園へGO!
私も引率でついていきました。


それにしても。
新1年生は
週に1度しか顔を出さない私にも
気軽にいろんなことを話してくれます(*´ω`)うれしいな~。
まだ無邪気な1年生ですが、
年度の終盤になってくると成長して、生意気になってきます(笑)


そうそう。子どもの話を聴くときにするといいことがあります。
それは・・・
「スゴイね~(@o@)」
「なるほど~(^O^)」
「おもしろいね~(^-^)b」

相づちを打ちながら話を聴くこと。
「す・な・お」って覚えてね。
特に低学年以下の子にこの相づちで話を聴いていると
得意になって話をしてくれます(^^)
 
他に、
「それで?」「それから?」
と聞いてあげると、もっと話してくれますよ。


これらの相づちを使えば、きっと、
相手の自己肯定感がアゲアゲになりますね(^^♪




【ひろろのしつもん活動】
●「人づきあいが苦手!でも、一歩踏み出せるオンビジネス勉強会」
日時:2017年5月10日(水)10:00~12:00
場所:下妻市内カフェ
http://www.kokuchpro.com/event/1f5fb348c57d30f980bc8e6504a528cc/

描いているプロセスに気づきがある

マハロ~(^^)今日は一粒万倍日だったそうで!
そんな日に、私は念願のマンダラアートを描いてきました。
教えて頂いたのは、曼荼羅ワーク認定ファシリテーター高橋ありささん。
茨城だとつくば市ひたちなか市で体験会を開かれています。

続きを読む

子どもたちのワクワクを感じた@アトリエびりーぶ

ELMリーダー仲間のカラーリスト信海茉美さん主催の春休み版「アトリエびりーぶ」
夏休みのときに娘と一緒に参加して、
今回は自分だけしか都合がつかなかったので
茉美さんにお願いして参加させてもらいました(^-^)

続きを読む

3月のブログ注目記事をご紹介

3月のよく読まれた記事TOP5をご紹介します。


5位

hiroro.hatenablog.jp
この記事はほとんど毎月TOP5入りしています。
勇気づけ学園の原田綾子さんのブログにて紹介されています!
そして、「シャンパンタワーの法則」は小林真央さんのブログでも紹介されてましたね。
魔法の質問関係の講座では必ず説明する内容です。

4位

hiroro.hatenablog.jp
ひろろの講座に興味を持ってくださり、ありがとうございます☆

3位

hiroro.hatenablog.jp
1年前に書いたブログを再度紹介しました。
賛否両論のあるPTA活動について、アンケートを作るときに
こうするといいよ。という内容を「質問家」的見解から書いた記事です。

2位

hiroro.hatenablog.jp
この記事は、長谷川満先生が共感してくださったもの。
子育ては「信じて待つ練習」。
あと、「期待しない練習」(笑)
もうひとつ。「ありのままを受け止める練習」
これは魂のレベルアップ間違いなしですよ(笑)

1位

hiroro.hatenablog.jp
コチラ。なぜか毎月不動の1位なんです。
アドラー心理学」と「片づけ」。どちらも注目度が高いものだからかもしれませんね。

おやこでくつろぐカフェ開催記

3/30と4/1に地元の「かふぇまる」にて
「おやこでくつろぐカフェ」を開催しました。

コンセプトは「体験型カフェ」

自分でつくるパフェにボードゲーム、ワークショップと
あったらいいな。って思ったものをカフェに盛り込んでみました。


なぜに体験型カフェ?

私は「場づくり」や「コミュニティ」にも興味があるのですが、
「場づくり」を意識したとき、
人はどんな目的でスタバやタリーズなどの大手カフェに行くのだろう?
という問いが生まれました。
 
コーヒーが飲める。というのが理由だったら、コンビニコーヒーでも充分ですよね。


きっと、大手カフェに行く人は、
そのお店の雰囲気やブランドに魅力を感じて
カフェに行くのだと思います。


だとしたら、
だたの「カフェ」ではコンビニコーヒーにさえかなわない。
「親子で楽しめる」「体験型」
というコンセプトならカフェに行く目的ができるのではないか?
と考えたわけです。

コンセプトで意識したこと

カフェに行くと、お母さんたちはおしゃべりしたいのに
子どもたちが飽きてしまい・・・という構図はよくありがちですね。
お母さんたちがおしゃべりしている間、
子どもたちはオセロなどのアナログゲームで楽しんでくれれば
win-winの関係が成立します(^-^)
なので、カフェに来て子どもたちも楽しめる。という所を意識して、
アナログゲームを置いたり、ワークショップブースを設けました。
 

開催してみて

準備や手配から運営まで、大変ではありましたが、
「パフェを作りに来ました!」と言われたら嬉しかったし、
ワークショップやゲームを楽しんでいる子どもの様子から、
自分が意識したことが成果になり、充実感満載でした。
反省点は色々ありますがね~。



お越しいただいた皆様、
本当にありがとうございました!!