読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

16分割メモは絵文字で!

こんにちわ。ひろろです。

16分割メモの話は前回ので完結。

のはずだったのですが、えらい発見をしてしまったので

つづきです(笑)



メモは絵文字でもいいのか。。。

そういえば、こんな本買ってあったなぁ。


と思い出し、本をひっぱり出してペラペラとページをめくっていたら

こんなところに目がとまりました。

絵を描いてみると自分が本当に理解していることと、そうでないことが如実に出ます。

つまり、説明された事について、自分のイメージを絵にしてみると

自分がどこまで理解しているのかが分かる。ということなのですね。

そしてこんなことも。

絵にできるということは、問題の本質や情報の整理がしっかりできているわけですから、絵から会議を始めるというのは大変合理的なことだと思います。

ふむふむ。

図示できる=情報の整理がしっかりできている→つまり、知識に変換されている!

ということですな!

1枚の学校・高橋政史さんの説いていることが

この本にもしっかり書かれていたのでした!


どうしても覚えなきゃならない原稿とかは

16分割メモに絵文字を使って書くといいかもね~(^_−)−☆