しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

ポジティブに焦点をあてたら?

こんにちわ。ひろろです。

昨日は、所属の小学校区の子ども会育成会本部の打ち合わせに行ってきました。

#人手不足で市子連も兼任しているひろろです。(^_^;

そこで感じたことをちょこっと書きますね。
◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎


議題は、球技会開催についてだったのですが、

あーでもない、こーでもないと色々と検討を重ね、

19時から始まった会議は、終わったのが22時。。。(゚~゚;

円滑にイベントが進められるように

開催側はとっても慎重に、細かいところまでいろいろと配慮が必要なようです。。。

球技会は特に、勝敗がかかっているので

親も一生懸命になっちゃうんですよね(>_<)




育成会本部の役員さん"も"「子ども達のために」と本当に真剣です!

でも、決めている内容は「親のクレーム対策」(爆)

PTA本部でもそうなのですが、

「子ども達のために」と考えてやっているものが

いつの間にか

「親のクレーム対策」に変わってしまっていますね(^_^;

困ったモノだ。。。


◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎


そういえば、この会議で、ちょっと素晴らしいことがありました。

球技会の開催についての可否を

「開催しない方の意見」に焦点を当ててみんなで考えていたときに

これまで発言されていなかったあるお方に

「○さんはどう思いますか?」

と聞いてみたのですね。そしたら、

「開催するほうが良い方の意見」はどうなんですか?

視点を変えてくれたのです!

会議に出席している全員の意見は「開催したほうがよい」でした。

「開催」する方向で考えているのであれば、

反対意見の対策を考えていてはきりがないのですね。。。

「開催賛成」派の意見に焦点を当てて考えることにより

その場の雰囲気がポジティブなものにかわりました。



これ、すごく大事な事ですよね!!



○さん、素敵な考え方を持っていらっしゃいます!!(^o^)ブラボ~♪

◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎


球技会をやる目的を、昨日出た意見から要約してみると、

地域での交流が少なくなった今の子ども達に
球技会を通して
勝つことの喜び、負けることのくやしさ、一緒にがんばることの一体感
などを味わって、成長して欲しい。

こんな感じだったと思います。

まあこれは、大人からの一方的な押しつけかもしれません。

でも、子どもの時に実際に球技会を体験したOBが、

今の子ども達にもやらせたいと言うのですから

その球技会には意義があったということです。



その想いを持って、

「子ども達のために、今、私が出来ることは何か?」

を考えて、誠意を尽くして行動すれば

クレーマーだって後で何か感じ取ってくれるんじゃないかな?

◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎


ということで、今日のまとめ。

相手を想って

誠意を持って取り組んでいれば

何が起きても大丈夫。

愛の選択をして行こう!(^▽^)