読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

子どもとの会話法を見直してみよう

オススメ 勇気づけ

みなさんこんにちわ!!
しつもんと勇気づけで世間をハッピーにしたいひろろです(^-^)


えー。お子様をお持ちのみなさま(笑)

お子様は、学校のこととか、友達のことなどを自分から話してくれますか?

うちは自分からは話してくれないほうなので
私の方から聞き出さないと
学校でのことなど、サッパリ分からない状態です(^_^;

しかも。
聞いても「分かんない~」というこたえ。。。_| ̄|○
応えたくないときはたいていこのこたえです(´Д`;)

親「今日の給食何がでた?」
子「分かんない~」
親(それを言うなら「忘れた」だろっ(`Δ´))

しかも、表現もイマイチ。。。(-_-;)


そんなとき。

くすっと勇気づけ子育て・野口勢津子さんのブログで
とってもヒットな記事があったので紹介したいと思います。

子どもが「何も話してくれない」場合どうしますか?|【横浜・都筑区】 勇気づけにユーモアでママの心がラクになる!「くすっと」子育て


ほら。うちにはヒットでしょぉ~(笑)


しかも。こちらには、

質問の種類を意識してみましょう!|【横浜・都筑区】 勇気づけにユーモアでママの心がラクになる!「くすっと」子育て

質問のタイプ「オープンクエスチョン」「クローズドクエスチョン」について説明されています。

以前、とある講座でこの2つの質問を実践してみましたが
「クローズドクエスチョン」のみでの会話って、連想ゲームみたいで質問するほうは疲れるんですよ!!
しかも、なかなか本質というか、正解に近づけない(泣)

だから、
こどもの気持ちを聞くときなんかは「オープンクエスチョン」で聞いてみましょうね。
とよく言われます。が、
「今日どうだった?」っていう質問は、「オープンすぎてとらえどころがない」のですね~(^_^;;


じゃあどんな風に聞いていったらいいのよ!?
と疑問に思った方は、この記事を読んでみてください。
お子さんに効果的な声掛けとは‐質問の使い分け‐|【横浜・都筑区】 勇気づけにユーモアでママの心がラクになる!「くすっと」子育て

なるほどね~。でしょ!!

クローズドなんだけど、ちゃんと子どもに選択してもらえる質問なんて・・・。
目からウロコです(☆▽☆)
しかも

「選び取る」という行動は、子どもの自主性、積極性、責任感
果ては自律心(自分で自分をコントロールする力)を育てていくために大切なプロセスになります

ですって(^O^)
自分で考えて行動できるヒトに育ってほしい。という願望をもつ私は
そこは意識していきたいです。


子どもの話を引き出すのに、
芸能レポーターとか、ヒーローインタビュー的な聞き方も有効なんですね。
オープンクエスチョンで賢くなる!|【横浜・都筑区】 勇気づけにユーモアでママの心がラクになる!「くすっと」子育て

オープンクエスチョンにはこんなスキルが潜んでいたとは
これまた目からウロコです(☆▽☆)

・質問の意図をくみ取る事
・自分の意見を考える事
・相手に伝わるように話す事


勢津子さん、とってもタメになりました!!ヾ(@°▽°@)ノありがと~


みなさんも、これは!とヒットしたものがあったら
1つでもよいので試してみてくださいね。


今日読んでくれてありがとうございます(‐^▽^‐)