しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

「勇気づけ」という今までにない子育て法

みなさんこんにちわ!!
しつもんと勇気づけで親子をハッピーにしたいひろろです(^-^)


みなさん「勇気づけ」という言葉を聞いたことがありますか?
「しつもん」の他に私が注目しているのがこの「勇気づけ」です。


「ほめる」と「勇気づける」は似て悲なるもので、
テストで30点とったら「ほめる」ことは非常に難しいですが
「勇気づける」ことは可能です。
また、「ほめて伸ばす」といった教育法もありますが
「ほめられるために行動する」という落とし穴に陥る可能性があります。

  • ほめられるためにゴミを拾う。
  • ほめられるからあいさつをする。
  • お母さんがほめてくれるから習い事をがんばる。


これって、本来の目的とはちょっと違ってきていますよね?
「ほめる」にはこのような副作用みたいなものがあるのです。


じゃあ実際に勇気づけってどんなことをすればいいの?
「がんばりなさい!」っていうのは勇気づけにならないの?


そんな疑問をもった方にオススメなのが原田綾子さんのこの本です。

子どもの「自信」と「やる気」をぐんぐん引き出す本


アドラー心理学ベースの「勇気づけ」だとちょっと分かりづらいところがあったりするのですが
この本では「勇気づけ」が実例やエピソードを交えて分かりやすく解説されているので
ハードルがぐんと低くなって、とりいれやすくなっています。
それに、お母さんの心の持ち方についてもアドバイスされているところがミソですね。
「勇気づけ」の教科書といっても過言ではないでしょう!!


私も「勇気づけ」がこの世に広がって、定着すればいいなと思います。

勇気づけでお母さんも子どももハッピーになろうね(^o^)



今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)