しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

よいこと探しのメリットは?

みなさんこんにちわ!!
しつもんと勇気づけで世間をハッピーにしたいひろろです(^-^)

昨日は今年度最後の授業参観でした。



学年懇談会では、先生達の撮った写真をまとめてスライドショーにして見せてくれました。
(もう、最初からうるっとしてしまいました・・・(^_^;)
1/2成人式で披露した歌やリコーダー合奏の音楽が使われていて、感動もひとしおでした。
(もちろん、先生方のお話や学年委員さんのお話もありましたよ)


学級懇談会では、担任の先生のクラスの様子のお話のあと


「4年生になって、子どもの成長を感じたところを教えてください」


と先生に逆にフラれまして。。。( ̄□ ̄;)まぢ!?
参加したお母さん方ひとりひとり子どもの成長したところを伝え合いました。


あの。先生。。。これって、もしかして。。。。


「よいこと探し」ですよね!?!?!?

☆★☆

「子どものやる気を引き出す・・・」の講座では

「最近、うまくいってることは何ですか?」というしつもんに答えてもらいます。

みなさん、たいていこのしつもんをされると

「そんな~。うまくいってることなんて思いつかない~」

とか

「うまくいっていないことばかり思いつく~」

とか言いながら答えを書いてくださいます(笑)



ニンゲンって「欠点」「うまくいかないところ」に注目してしまうという性質があるのです。



そして。脳はだまされやすいですから
「欠点」や「うまくいかないところ」というマイナスイメージなもので常に脳内が満たされていると・・・


常にイライラしていたり、落ち込むことが多かったり。。。と


気分よくないですよね(^_^;



だから「よいところを見つける」ように意識すると、自分の気持ちも変わってくる
それを相手に伝えてあげると、相手の自信にもつながるのですね~。



☆★☆

ということで、担任の先生は私たちお母さんに「子どものよいところにフォーカスする」という機会を与えてくださいました。
これは1本取られましたな(^▽^;)
ありがとうございました!(^O^)



今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)