しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

うまくいった秘訣はなんですか?

みなさんこんにちわ!!
しつもんと勇気づけで世間をハッピーにしたいひろろです(^-^)


この前、年が明けたと思ったら。。。もう3月ですね(^_^;
こんな感じで1年も過ぎてしまうのでしょう。。。
自分はどんな事に時間を費やすのか?
ちゃんと意識していかないと、なんとなく1年が終わってしまいそうですね(^_^;
気をつけたいと思います。

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

さて、今日は子どもとのやりとりで気づいたしつもんを紹介したいとおもいます。



何かがうまくいったとき

このようにしつもんしてみましょう。


「うまくいった秘訣は何ですか?」


例えばサッカーで、シュートがうまくいったとき。


「今のシュート、うまくいったね!うまくいったヒケツってなになに?教えて~」
(まるで、ヒーローインタビューのように!)


「うまくいった理由は何?」とか「何でうまくいったのかな?」聞かず
あえて「ヒケツは何?」と聞いている所がポイントですよん。
さあ、ナゼでしょう!?考えてみてくださいね(*・∀-)☆



以下、ひろろの考察を書きます。(正解はないので(笑))


「ヒケツ」という単語はヒミツの戦略っぽくて、聞かれた方は気分がイイですよね!?

え!?それが理由!?!?(笑)


シュートするときだって、何か自分なりに考えてシュートしているハズです。
その考えや戦略を「ヒケツ」という単語で引き出してあげているのです。


たとえ何も考えていなくても、
うまくいっていない時の身体の感覚を比較をすることで
その違いはなんとなく分かると思います。


何となくこうしてみようと思ったこと。
うまくいったときとそうでなかった時の身体感覚の違い。
これらの「何となく」という部分を意識上に持ちあげれば
次に活かすことができますよね!(^-^)


今回はスポーツを例に書きましたが、
スポーツに限らず勉強や日常生活、ビジネスにも使えますよ。


成功している先人達に聞いてみましょう
「成功したヒケツは何ですか?」って。


今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)