しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

たかが「絵本」されど「絵本」

みなさんこんにちわ!!
しつもんと勇気づけで世間をハッピーにしたいひろろです(^-^)


昨日(3/28)は、横浜で「しおちゃんの絵本セラピー」が開催されました。
絵本セラピー、いいっっ!|【横浜・都筑区】 勇気づけにユーモアでママの心がラクになる!「くすっと」子育て


絵本セラピー
ちょっと気になっていたのですが、
予定があって行けず・・・。ううっ残念。


この講座のお手伝いをされていた野口勢津子さんのブログによりますと、

絵本って
シンプルな表現なのに
沢山の想いが含まれていて

感情をがっしり
わしづかみにされます

とあります。

共感脳が発達しているオトナの方が
うるうる率は高そうですね(^_^;

そして、出てきた感情は・・・

セラピーでは

「絵本を味わって
出てきた気持ち、
答えは全て
『正解』であること」


そこに余計な
ジャッジはいらないんですね

<省略>

そのままの自分を
まるごと受け止める

まるごと受け止める
そんなところがセラピーになるんですねぇ(^0^)ナルホドぉ。



そして、本日。
絵本つながりで、
「絵本の読み聞かせミニ講座」を聴いてきました。

こちらは、
乳幼児~小学生の子どもに対して
絵本を読み聞かせしたときに得られる効果、
絵本を選ぶときのポイント
について話しつつ、何冊か読み聞かせをしてくれました。



絵本って、語彙を増やすにはもってこいの教材なんですね。
それに
「絵」から想像をふくらませたり
「絵」からその文脈を読み取ることができたり、
「ダイスキだよ」といった普段は言いにくいコトバ
絵本の読み聞かせを通して伝えられたり。。。

「絵本」といえども侮ることなかれ!だと思いました。



そういえば、寝る前に読み聞かせしてあげようと思いつつしてなかったデス(^_^;
今日は時間があるから読んであげようかな。



子どもの頃に好きだった絵本(本)は何ですか?



今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)