しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

見えないところで確実に育っている。

みなさんこんにちわ!!
しつもんと勇気づけで世間をハッピーにしたいひろろです(^-^)

今日はアドラー心理学の「勇気づけ」について、勇気づけられたコトを書きますよっ。

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

アドラー心理学の特色である「勇気づけ」
岸見一郎さんの「嫌われる勇気」が、AmazonでしばらくTOP10入りしていることもあり
その認知度も徐々にあがってきているような気がします。


この「勇気づけ」に私が注目したわけは
http://hiroro.hatenablog.jp/entry/2014/02/13/184403
こちらにも書きましたが。。。

人と人との関係性において

  • 他者を支配しない
  • 勇気づけにより、自己肯定感や、困難を克服する力を育むことができる
  • 「共同体感覚」を大切にしている

という方針がとても平和的で私が持っているポリシーに近いからです。


しかーし。

「勇気づけ」による教育法は
不適切がすぐに解決するわけではないので、
問題を解決したい人には正直、向いていないかもしれません。


特に、親の権力や賞罰で育ってきた昭和どっぷりのうちのじーさんには
不適切を、いいのかこれで?とかナントカしろという感じで不満をぶつけてきます。
#ダメージ大きいんだこれが~(-_-;


不満で不機嫌だったり、不満をぶつけられるときはとっても嫌だけど。
いや。分かるよ。
不安なんだよね。じーさんも。
アドラー心理学なんて知らないし、
自分が経験してきた教育法とは違う方法だったりするしね。


そんな「勇気づけ」と「勇気くじき」の間を行ったり来たり、
ゆらゆらと揺れているとき、
勇気づけの親子教育専門家:原田綾子さんのこの文章に勇気づけられました。

手っ取り早く結果を得るのではなく
時間がかかることもある・・・

目に見える結果が見えず
途中、不安になったり
これでいいのか?と心配したり・・・

だけど、確実に
「見えないところで」育っている。


目に見えなくても、確実に・・・。

た・し・か・に。
先が見えないから不安になったりするんですよね。

でも。これからは
ちょっとでも不安が湧いてきたら、呪文のようにとなえてみようと思いました。
「見えないところで」確実に育っている(^-^)b


↓参考までに、ご一読くださいませ~。
アドラー的教育論:時間がかかったぶん花開く時感動する|勇気づけの子育て・自分育てHeartySmile


今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)



ひろろの「子どものやる気を引き出す魔法の質問」講座開催お知らせ
日時:2014年5月25日(日)10:30~(受付10:15~)
場所:つくば市民大学