読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

怒りをコントロール!?

気づき しつもん

こんにちわ。
しつもんであなたの気づきを引き出すお手伝い人、ひろろです(^-^)

相変わらず酷暑が続いて、熱中症の警告も続いてますが
昨日ふと気づいたことがありました。


熱中症に気をつけなければいけないのは
ペットだってそうじゃないか!?


うちのわんこは外飼いなのですが、
日陰には居るものの、下はコンクリートだし、暑いし、、、
(おかげで食欲が落ちてます・・・)
今まで「わんこの熱中症」はぜんぜん気にしてなかった。。。
うちのわんこよ、ゴメンナサイっ(>_<)

冷却マット。考えとくわ!
(気に入るかどうかは微妙だけど(^_^;)

ということで、本題に入ります。
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*
「怒り」をコントロールできるって知ってますか?



ずっと前から(^_^;ちまちま読み進めているこの本


カウンセラーが教える「自分を勇気づける技術」 岩井 俊憲/著

「怒りはコントロールできる」と断言されていました。



「怒り」の根っこにあるものは・・・。
「不安」とか「相手への強い想い」なのかも。
そして、それは・・・。
「愛」だったりもする(^-^)



理不尽な「怒」を受けてしまったら。
一瞬ムッと(カッっと?)しますが、
「この人の「怒り」の根っこにあるものは何だろう?」
と自分に問いかけてみましょう。
「ああ、この人不安なんだな」って気づいたとき
なんとなく許せますよ(^_^;



「怒ってばっかり」をなんとかしたいアナタ。
怒ってしまった後でいいので
「私のこの怒りの根っこにある想いは何だろう?」
と自分に問いかけてみましょう。
怒る度に問いかけているうちに、自分の怒りの傾向が把握できるはずです。
「ああ。自分はこんなときにイラッっとするんだな」って。
傾向が分かれば、なんとなく対策は考えられますよね~♪


「怒っちゃいけない」わけではないです。
「怒り」はエネルギーを使うので、できれば
別の方向にそのエネルギーを使いたいですよね(^_^;モッタイナイ。
なんとも、怒りの感情とはうまくつきあっていきたいものです(^_^;


ちなみに、こんな協会もあるんですよ。
一般社団法人 日本アンガーマネジメント協会 - イライラしない方法 怒りのコントロール



今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)