読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

知ってましたか?

みなさんこんにちは。
しつもんであなたの気づきを引き出すお手伝い人、ひろろです(^-^)


10/17(金)の朝、NHKでこんな話題が放送されていました。

不登校の小中学生 12万人近くに NHKニュース



学校という教育の場が、今の子どもたちの個性やニーズに合わなくなってきているのが顕著に現れたのでしょうね。
それと、アドラー心理学が徐々に普及してきているので、
「学校に行かない」と選択した子どもの意思を尊重する親が増えてきているのかな~。とも思います。


これで困るのは、「不登校の数を減らして成果をあげろ」と現場に指示が出てしまうこと。
きっと「数」という成果を求めて、生徒に働きかけてしまうでしょう。
そうすると、現場の先生の負担も倍増してしまうでしょうし、不登校なんて解消しないと思います。


そういえば。


「全ての子どもには学習する権利がある」


大阪府立大空小学校の木村泰子校長が声をあげて言ってました。
大空小学校は「不登校」には着目していないのに、不登校ゼロが続いています。
「学校に行く」ことではなく、「子どもには学習権がある」「学校はみんなで作る」という観点で取り組んでいる姿勢がきっと不登校ゼロにつながっているのですね。
問題となっていることに目を向けては盲目になるな。。。としみじみ思いました。


これからは。


今までのやり方は通用しません。


現場の先生も「勇気づけ」を学んでみませんか?
  

今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)