読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

やさしいことは・・・

名言

こんにちは(^o^)
しつもんであなたの気づきを引き出すお手伝い人、ひろろです(^-^)

やさしくね。
やさしいことはつよいのよ

これは宮城まり子さんのお言葉です。
 
宮城まり子さんをご存知ですか?
肢体不自由児療護施設「ねむの木学園」を設立した方です。
これは、ねむの木学園の愛言葉でもあります。
 
 
なぜ、このタイミングでこの言葉が出てきたかって?
娘に贈りたい言葉だな。と思って(^_^;
 
 
うちの娘ちゃん、昔から怒れない人なんです。
怒れない代わりに、泣くんですがね(^_^;
ココロが弱い?
いや、やさしいんです。
だから、この言葉。いいでしょ?
 
 
そういえば、だいぶ昔だけど
絵心のある友人と一緒に「ねむの木のこどもたちとまり子展」を見に行きました。
学園の子どもたちの絵がたくさん展示されていて、
大きなキャンバスにとっても細かく描かれているものから、原色で大胆に描かれているものまで
芸術作品を感慨深く拝見させて頂きました。
 
その時のブログはこちら↓
2007-05-29 - ひろぴょんの覚書
2007-06-23 - ひろぴょんの覚書


絵心のある友人は中学のとき、いじめにあっていました。
でも、それを乗り越えた。
そんな友人が、
「痛い思いをしたから優しいのよ」
「やさしいことはつよいのよ」
というまり子さんのメッセージを見て、
涙していました。



「やさしくね。やさしいことはつよいのよ」


経験した痛みは、やさしさという強さになって、まわりに還元されます。


今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)



やさしくね―やさしいことはつよいのよ
やさしくね―やさしいことはつよいのよ