読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

気分は伝染るんです。

こんにちは(^o^)
しつもんと勇気づけで、自分らしく、生きやすい、シアワセな人を増やしたいひろろです。

いやぁ、寒いですね(茨城です)
うちのほうは、ちょこっと雪が降ったようですよ。

初雪~♪
・・・なんて喜んでいられません!
もう車のタイヤを冬タイヤにはきかえなきゃなの!?という状況です(笑)
 
さて、今日のブログは私の体験から得た気づきについて書きますね。
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

気分は視覚的に見えなくても伝わります。
何あたりまえなこと言ってるの?って言われそうですが(笑)
無表情で楽しいことを考えていても、楽しい気分はちゃんと伝わるんですよ。


最近、うまくいかないことばかりの娘に
ちょっと寄り添ってみようと思い、
部屋で、なにをするわけでもなく、
布団に入っている娘の部屋に乗り込んで、
自分はルンルン気分で工作を始めました。


「何しにきたの?」と聞かれましたが
「こうさくぅ~」と答えたのみで、工作を続けました。
(工作大好き(笑))
特に、出て行ってよとか言われなかったので、
ルンルン気分で工作を続けていると
娘は、私の工作をながめはじめました。
そして、そのうち会話が始まったのですが、
いきなり普段聞いても答えてくれないような本音が出てきたのです!!


なぜ、この状況で本音が出てきたのでしょうか???










それは、私のルンルン気分が伝染したのだと思います。



固く閉ざしてしまったココロに問いかけても、答えてはもらえません。
聞き出そうとすればするほど、逆効果で、
ココロが緩んだときがチャンスなんだよ~。ということを
勇気づけの教育専門家・原田綾子さんから教えてもらいました。

きっと、私のルンルン気分が伝染してココロが緩んだのかもしれませんね(^-^)


ということで、ひろろからの提案です。
 
子どもが勉強しているところに付き添うことがあるのなら、
楽しい気分で付き添ってみてはいかがでしょうか?

 
監視とか、やらせなきゃ。という気分で付き添うと・・・。
どうなるかはもうお分かりですね(笑)
 
今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)