読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

リフレーミングって知ってる?

気づき ワンポイント

こんにちは(^o^)
しつもんと勇気づけで、自分らしく生きる、シアワセな人を増やしたいひろろです。
 
「リフレーミングってご存知ですか?
 
コーチングやNLP、勇気づけなどの心理学をかじったことのある方はご存知かもしれませんね。
 
辞書で引いてみますと

フレーミング【reframing】
[心] 事実に対して与えている意味づけを変え,異なる見方でとらえ直すこと。家族療法の中心技法の一つ。
出典:大辞林 第三版より

とあります。
 
昨日はそのリフレーミングな言葉に出会いました。
 
本屋さんで何かめぼしい本はないかとウロウロしていたら
この本が視界に入ってきたんです。

 
「心配性」る力」ですってぇ!?
ナルホド~(^O^)b
そういうとらえ方もアリか!!!!( ̄□ ̄;)


実は、自分は心配性すぎるんじゃないかと感じることが最近いくつかありまして…。
それはよくないかな~と思っていたのですが
このリフレーミングの言葉に出会って
それは、心配りの力が優れてるんだ!
と、なんだか前向きになれました(^▽^)
いいじゃん。ココロ配りばっちりよ。私!(^O^)
 
 
もうひとつ。
最近とっても気に入っているリフレーミングがこれ。
 
欠点かせない
 
 
いいでしょ~。欠かせない点なんですよ。
それがなかったらアナタじゃない!!(笑)
 
こんな風に、印象のよろしくない言葉も
とらえ方によって、前向きなものに変えられるのですね~(^o^)♪
 
 
 
実は、勇気づけを学び始めた初期の頃、
このリフレーミングが受け入れられませんでした。
なぜなら、
このリフレーミングで私の認識を置き換えられてしまうのが
問題をすり替えられている感じがしてモヤモヤしたからです。
 
 
おかげさまで
今はもうモヤモヤしなくなりましたよ。
なんでだろ?
 
自分がそれ(短所)を問題視している。ということに気づいたからかな???
 
あ。そっか。
 
原田綾子先生の勇気づけ親子塾を通して
ダメな自分にもOK出せるようになったからかも~!
 
 
フレーミングの一例は、綾子さんのこちら↓のブログをご覧くださいませ
荒れた学級を担任して~誰もが持っている一番星~|勇気づけの子育て・自分育てHeartySmile


今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)



質問家マツダミヒロの20冊目の新刊「賢人たちからの運命を変える質問」を課題図書にした
しつもん読書会を1月に開催!
2015年1月12日(月) 10:00~12:00
主催:楽脳サンバ倶楽部
楽脳サンバ倶楽部 らくのうさんばくらぶ しつもん読書会
 
【ひろろによる1~2月のしつもん活動】
●しつもん読書会
日時:2015年1月20日(火)10:00~12:00
場所:検討中
課題図書:夢実現ナビゲーターみーこさんの電子書籍
「私はこうして生きづらさを手放しました~潜在意識を味方にしよう~」
●子どものやる気を引き出す魔法の質問
日時:2015年2月21日(土)10:30~12:30
場所:つくば市民大学
受講対象:どなた様でも。
     小学生以上であれば、親子での参加も可能です。
     託児なしですが、未就学児のお子様連れOKとします。
     (自己責任でお願いします)
※予約制です
http://tsukuba-cu.net/course_event/2015/02/post-598.html