しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

「賢人たちからの運命を変える質問」よりQ74

こんにちは(^o^)
しつもんと勇気づけで、自分らしく生きる、シアワセな人を増やしたいひろろです。

今月は、この本にあるしつもんに答えています。

みなさんも一緒に考えてみてくださいね。


Q74「「でも」から抜け出す方法とは?」
ショーン・スティーブンソン(車椅子のセラピスト)

 
 
勇気をだす。
思い切って飛び込んでみる。
「何のためにそれをやる(やりたい)のか」を再確認する。
それがうまくいったら、どんな自分がそこにいるか、イメージしてみる。
 

本当はできるのに、やっていないことはたくさんあります。
なぜやらないのかというと、できなかったときの言い訳を考えてしまうからです。
~本文より~


さらに、掘り下げるしつもん
「言い訳をしないためにできることは何ですか?」
 
「どのようにすれば?」のしつもんで考えてみる。


☆このしつもんの素になった名言☆

ネガティブな「でも…」から抜け出す方法とはなんでしょうか?
それは、立ち上がり、確固たる態度をとることです。
自分の人生や健康、成功、人間関係に責任を持つのです。
~ショーン・スティーブンソン(車椅子のセラピスト)~

 
今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)



【ひろろによる1~2月のしつもん活動】
●しつもん読書会
日時:2015年1月20日(火)10:30~12:30
場所:茨城県土浦市
課題図書:夢実現ナビゲーター・みーこさんの電子書籍
「私はこうして生きづらさを手放しました~潜在意識を味方にしよう~」
みーこさんの電子書籍でしつもん読書会 | Facebook
●子どものやる気を引き出す魔法の質問
日時:2015年2月21日(土)10:30~12:30
場所:つくば市民大学
受講対象:どなた様でも。
     小学生以上であれば、親子での参加も可能です。
     託児なしですが、未就学児のお子様連れOKとします。
     (自己責任でお願いします)
※予約制です
http://tsukuba-cu.net/course_event/2015/02/post-598.html