しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

7/4「魔法の子育てしつもんBOOK」より

こんにちは(^o^)
しつもんと勇気づけで、自分らしく生きる、イキイキぴーぽー(People)を増やしたいひろろです。

今日もこの本にあるしつもんに答えてみましょう。
“質問
みなさんも考えてみてくださいね。


「子どもにイライラ」からさよならする魔法の質問
3.自分がどんな状態だったら、子どもを伸ばせるだろう?
 
ずばり。
「心に余裕があるとき。」
ですな。

子どもは親に余裕があるときに伸びる
 
日頃から子どものよい所を見つけてほめ、悪いところは冷静に叱る必要があります。
ただしそれは、自分に余裕がなければできません。
 
子どもを伸ばすために、自分がどんな状態でいる必要があるのかを意識して、
この質問に答えてみましょう。
~本文より一部抜粋~


さて。
「相手を恐怖でコントロール」すると子どもは伸びますでしょうか?


かえって萎縮してしまいますよね(-_-;


悪い所や欠点に注目して、それを直させる。
この方法はひろろ的には昭和のやり方と認識しています。


最近の子たちにはこの昭和のやり方は古すぎて通用しないな。って思う。
もし、通用したとしても、大人になってから
「うつ」になったり「ひきこもり」になったりと、どこかで影響が出るような気がします。


これからの時代は、
 
出来ているところに注目して、
その存在を認めて
信じて待つ!

 
これに限るなっ!って個人的には思ってます。



次回の質問はこちら。


「4.どんなときに余裕ができるだろう?」


このしつもんは関連しているので、順番に考えていくとよいですね(^-^)

 
今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)



【ひろろによる7月のしつもん活動】
●「しつもんで響きあう会」
日時:2015年7月8日(水)19:30~21:00
場所:下妻市
内容:魔法の質問マンダラチャートのワークより、「仲間のやる気を引き出す」