しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

その人の立場になってみて分かること

19日はムスメの学校の運動会でした。
 
6年生は恒例の借り人競争があります。
 
6年生の親子競技というものはないので、
その借り人競争で親子で走ろうと
スタンばっている親がたくさんいます。
で。今年は、
私も、その中に入ってみました。(笑)


ムスメは9レース目なので、それまで待機しているつもりでした。



が。



7レース目で
「猫が好きな人」のカードを持っている子が取り残され
誰も出ていく様子がなかったので
見過ごすことができず、走りました。



毎年、ゴール前の本部席から
借り人競争の様子を見させてもらってましたが、
同じ人が何度も走っているのを見かけて
「よほど走るのが好きな人なのか?」
と思っていたのですが、
もしかしたら
「誰も出ていかない」という様子を放っておけなくて
走ってくれていたのかもしれませんね。


予測ではありますが
同じ状況に立たされて初めて分かったことでした。

子を持つと親の気持ちが分かる。
というのも、同じ状況に立たされて初めて分かること。ですよね(^-^)



自分が何かに対して不満に思っていたときと同じ状況が
逆の立場で起きたとき
それは人生の学び、そして赦しのチャンスかもしれませんよ。



今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)
しつもんと勇気づけで、自分らしく生きる、イキイキぴーぽー(People)を増やしたいひろろでした。