しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

魔法の質問を使うコツ(1)

いいこと書いてくれるなぁ。長谷川先生。
(と言っても、お会いしたことないのですが。。。本は持ってますよ!)


ブログでは、
プラスの問いかけの効果として、3つ挙げられています。
1.信頼関係が築ける
2.主体性が生まれる
3.行動が変わる

 
2と3は私が「魔法の質問」について説明するときに
お伝えしていることですね(^^)


hasegawa-mitsuru.seesaa.net

長谷川先生のブログより。

プラスの問いかけは子どもの考える力や主体性、意欲、能力を引き出します。
マイナスの問いかけは子どものやる気をなくさせ、親子関係を悪くします。

この「プラスの問いかけ」が「魔法のしつもん」にあたります。
逆に「マイナスの問いかけ」は「魔法の尋問」と言います(´-∀-`)


子どもに対する、プラスの問いかけ、マイナスの問いかけ例は
長谷川先生のブログの方に書いてありますが、
プラスの問いかけを眺めてみて思ったこと。
それは・・・。


気持ちが落ち着いてないと言いにくそうだ(^_^;)



逆に、マイナスの問いかけは、
イライラ(;`皿´)してるときに言いやすいですね(爆)



ということは。
魔法のしつもんを使うときは、ニュートラルな状態が好ましい。
ということか(○_○)!!



ということで。
<魔法の質問を使うコツ>
1.ニュートラルな状態で問いかけよう。




でもねぇ。。。(^_^;)
不適切な現場を目撃してしまうと
怒りが生じてきたりして
なかなか難しいですよね。。。(^_^;)


では。
その激オコプンプン丸(古っ!?)の状態から
「どうすればニュートラル(平穏)な状態になれるでしょうか?」


自分だったらこうすれば平穏な状態になれるかな???
とチョット想像してみて試してみてくださいね。
試行錯誤の繰り返しでスキルが身につくことでしょう!


今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)
しつもんと勇気づけで、自分らしく生きる、イキイキぴーぽー(People)を増やしたいひろろでした。



【ひろろによる10月のしつもん活動】
●「なりたい自分をみつける!まほうのしつもん」講座
日時:2015年10月31日(土) 14:00~16:00
場所:下妻市
受講対象:大人、小学生以上の子ども
料金:どなた様も500円

※お申し込みは以下のURLからお願い致します。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/271261ba262004