しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

11/15「あこがれ先生つながるカフェ」が開催されます


今日は、私が実行委員をさせて頂いている「あこがれ先生プロジェクトinいばらき」から、
ホットなお知らせをお届け致します。

11月15日(日)13:00~16:00 
筑波学院大学にて
「あこがれ先生つながるカフェ」
を初開催します☆彡(参加無料・要申込)


「あこがれ先生プロジェクトinいばらき」とは→★こちら


去年、一昨年と、講演会を開催しましたが、参加された皆様から
「今後につながる先生同士のネットワークが欲しい」
という声を頂いていました。
 
この声をなんとか活かしたい。。。
 
ということで、
参加者同士の交流に重点を置いた
「あこがれ先生つながるカフェ」
を開催することに致しました。



そして。
 
今年9月の関東・東北豪雨による水害を受けて、
テーマを「防災を通じた子供の育成」に決定しました。



第一部では、
北上北中学校で校長をされている平野先生(元釜石東中学校校長)より、
東日本大震災当時、
津波被災し校舎が全壊した釜石東中学校の校長をされていた体験をもとに、
震災前、震災後の学校・地域での防災を通じた子供の育成について
ご講演いただきます。
 
ちなみに、釜石東中学校は「ぼうさい甲子園」というので2009年、2010年と優秀賞を受賞し、
2011年には大賞を受賞しているそうですよ。


平野先生はその時の体験を講演という形で全国各地に出向き伝えてくださっています。
このような記事↓を見つけましたので参考にご覧ください。
www.kanaloco.jp


岩手まで行かなくても、つくば
防災の取り組みに関する貴重なお話が聴けますので、
ぜひ、この機会をお見逃しなく!!


そして。
 
第二部では、
みなさんでお茶を飲みながら
「学校・地域が子供たちの成長支援のためにできることとは?」
という問いについて考え、ワールドカフェ形式で意見交換を行います。

 
ワールドカフェってなんですか?
って思う人もいるかもしれませんね。調べてみましょう。

ワールド・カフェとは、“カフェ”にいるようなリラックスした雰囲気のなか、参加者が少人数に分かれたテーブルで自由に対話を行い、ときどき他のテーブルとメンバーをシャッフルしながら話し合いを発展させていくこと。相互理解を深め、集合知を創出していく組織開発の手法です。その考え方や方法論は世界中に普及し、ビジネスや市民活動、まちづくり、教育などさまざまな分野で活用が進められています。
(人事労務用語辞典より)

 
つまり、
「カフェでの雑談のように、お互いに会話が弾み、様々なアイデアや新たな発見が生み出される」効果のある対話の手法。ということですね。

このワールドカフェ形式の対話が、
地域や学校の垣根を越えた知識や知恵の交換になることは間違いないでしょう。
それが、
参加された皆様の役に立ち、
子供たち、先生、学校、地域に波及していったらいいな。
と願います。


以下、ご案内になります。

▽▼▽あこがれ先生つながるカフェ▽▼▽

日時:11月15日(日)
   13:00 ~ 17:00

会場:筑波学院大学 第一食堂
   (茨城県つくば市吾妻3-1)

講師:岩手県北上市立北上北中学校校長
   平野 憲先生

料金:無料

人数:100名

お申込みが必要です。以下のリンク先よりお申込みください。
http://kokucheese.com/event/index/346173/

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△


学校が、

子供たちにとって、

先生にとって、

保護者にとって、

地域にとって、

もっと素敵で楽しい場所になるように…

このプロジェクトが、小さな行動の一歩になれば嬉しいです。

実行委員一同、お申込みをお待ちしています☆彡

お申込みはこちら↓↓↓からどうぞ。
http://kokucheese.com/event/index/346173/



▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

あこがれ先生プロジェクトinいばらき
http://akogareibaraki.wix.com/index

あこがれ先生プロジェクトinいばらき(facebookページ)
https://www.facebook.com/Akogaresenseiibaraki/

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼