読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

コントロールせずに人を動かすには

あなたはどんな時に相手をコントロールしていると思いますか?


・急いで欲しい時
・片付けて欲しい時
・宿題をやっていない時
・自分が忙しい時
 
つまり、自分の思いにそぐわない行動を相手がしているときに
コントロールしてしまいがちですね。


小さいときはまあ、なんとか言うことを聞いてくれますが、
小学校4年生くらいになってくると
反発してきたり、
なかなか思うように動いてくれなくなりますね。
 
あ。「動いてくれない」と感じている時点で
コントロール入ってますな(^_^;)


マツダミヒロさんの今日のブログにはこんなことが書いてありました。

お母さんが子どもをコントロールしたいのは、
あくまでも自分の利益のため。


あイタタタタ(>_<)
耳が痛いですな(^_^;)


ameblo.jp

本当は、コントロールしないほうが相手と良い関係を築くことができるのです。

確かにその通りです。
でもねぇ。
こうしてもらわないと困る。っていうときもありますよね。

「もし世の中に、
 人を絶対にコントロールしてはいけないというルールがあったとしたら、
 あなたはどうしますか?」


どうしましょうかね(?_?)


ちょっと考えてみてくださいね。
 
Let's Thinking Time!!










私が、アドラー心理学の子育て法で学んだ方法のひとつは、
 
「お願いをする」です。
 

例えば、
これから配膳するのにテーブルの上に子供のものが置いてあってじゃまな時。
 
「これからおかずや茶碗を置くのに、テーブルの上に物があると置けないから、片付けてくれませんか?」



え?子供に丁寧語?お願いするの??
 
きっと、
いつも上から目線で指示命令をしている場合は、あり得ない言い方かもしれませんね(^_^;)


でもね。この言い方、コントロール入ってますか?




もうひとつ。
以下を、子供になった気分で聞いてみてください。
 
A:「テーブルの上、片付けて」
 
B:「テーブルの上じゃまだから片付けて」
 
C:「これからおかずや茶碗を置くのに、テーブルの上に物があると置けないから、片付けてくれませんか?」



どれが片付ける気持ちになりますか?




大人でもそうなんですけど、
ただ、相手にして欲しいことだけ伝えるっていうのは
相手も腑に落ちないんですよね。
なんだか分からないけど、○○しろっていうから○○する。
って、モヤモヤするんです。


でも、「○○だから、△△して」って理由を言われれば
(その理由に納得できれば)進んで行動できるんです。




そんなカラクリを知ってると
子供だけでなく、保護者会などのグループを動かす時にも
役に立ちますよ(^-^)b



ミヒロさんのしつもんに答えて「イライラママ」を手放そう!
“質問


「イライラママ」を手放すワークショップ@つくば、はこちら↓へどうぞ。www.reservestock.jp



今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)
しつもんと勇気づけで、自分らしく生きる、イキイキぴーぽー(People)を増やしたいひろろでした。



【ひろろによる12月・1月のしつもん活動】
●しつもんで響きあう会@しもつま
日時:2015年12月9日(水)19:00~21:00
場所:下妻市
テーマ:2015ふりかえり。
●しつもんで響きあう会@つくば
日時:2016年1月10日(日・新月)19:00~21:00
場所:つくば市
テーマ:2015ふりかえりと2016ゴール設定。
●「子どものやる気を引き出す魔法の質問」講座
日時:2016年1月16日(土) 13:30~15:30
場所:つくば市
受講対象:大人

※お申し込みは以下のURLからどうぞ(^^)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/271261ba262004