読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

なかったら、創るしかないじゃない

いろいろ

子どもの卒業と同時に、
小学校のPTA役員も、もうすぐ卒業です。


イマドキの学校。というものを傍から覗かせていただいて、
(地域差はかなりあるかもしれませんが)
どうしても枠の中で、不公平なくやらなければならない。
という印象が強くありました。
 
そして、映画「みんなの学校」に出会って、
課題を抱えている子の「居場所」についても考えさせられました。


私はここに存在していいんだ。と思える場所。
そして、
一人一人、「らしさ」を発揮してもらい、その「らしさ」を認め合うことができる環境。
そんな場が身近にあったらいいのにな。。。ってずっと思ってました。
 
 ・
 ・
 ・
 
なかったら、創るしかないじゃない(笑)


ということで。
ようやく一歩踏み出すことにしました。
 
特徴的な放課後学習事業を行っている団体のなかでも
千葉県柏市にある「ネクスファ」という学童と塾を一体化して運営している施設を見学させていただきました。

この日は、自分の好きなことをしていい日。
本を読む子、カードゲームをする子、お友達とアクティブに遊ぶ子。様々で、私はどうしたらいいのやら?(^_^;)
思い切って話しかけてみると、フランクに応えてくれまして、おばちゃんうれしかったです(笑)
ネクスファの子達が人馴れしているのは、シニアから学生から数多くのスタッフさんが関わっているからなのでしょうね(^^)


ネクスファの特色のひとつでもある「サス学(サステナビリティ学習)」の授業も見学させていただきました。
行動(学び)の主体は子ども。
ファシリテータとなる先生は、子どもの考えていることを引き出し、具体化していく役割のみ。
主体的に行動できている子どもたちに、頼もしさを感じました。
大人の社会でもこんな形式で会議をすれば有意義なものになるんでしょうね!!


副教室長の青山さんの説明からも、
「子どもたちの能力」を無駄にせず引き出そうとする意識が高いな~。
という印象を受けました。
 
next-ph.jp
4月からここでいろいろと学ばせてもらいます。



只今、ネクスファでは、将来の教室長候補となる正職員を募集しています。
www.etic.or.jp
ネクスファのミッション、目指す方向性に共感し、チャレンジしたいと思った方!
応募してみませんか?
近くだったらなぁ。応募してもよかったのですが、なんせ遠い( ̄∀ ̄;)


今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)
しつもんと勇気づけで、自分らしく生きる、イキイキぴーぽー(People)を増やしたいひろろでした。



【ひろろによる2月のしつもん活動】
●「しつもんで響きあう会@しもつま」
日時:2016年2月9日(火)19:30~21:00
しつもんで響きあう会@しもつま | Facebook

※お申し込みは以下のURLからどうぞ。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/271261ba262004