しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

世界一頼りないキャプテンの成長

一年前。

思いもよらず
チームのキャプテンを指名されてしまった
うちのムスメさん。


初日から大泣きしてしまい、
親としては恥ずかしいやら、情けないやら・・・(^_^;)
な気持ちでした。


その時の記事はこちら↓↓↓
hiroro.hatenablog.jp


でもね。

最後までちゃんとお役目を果たせて、
キャプテンのバトンを次に渡せましたよ!(^▽^)

キャプテンを指名された一年前。

監督に
「ほんとうにうちのムスメで大丈夫なんでしょうか!?」
と聞いてみました。

すると、


「前のキャプテンのようにならなくてもいいんです。」
「○○は○○なりにやればいいんです。」


というありがたい回答を頂きました。

監督、分かっていらっしゃるな~(^^)と、
半分胸をなでおろしたものの。。。。
やっぱり不安でした。



練習行きたくない。と言うときもありましたが
そんな時は勇気づけのスタンスを心がけて
なんとか回避。

お友達の助けもあったおかげで
「やりたくない」という気持ちを
乗り越えることができました。


そして、
監督やコーチは「できていない所を指摘する」ということはせず、
ほんとうに些細なよい所(大きな声を出している)」を指摘してくれていました。
たったそれだけで、本人の不安な気持ちが解消したそうです。


そして、いつの間にか
「周囲に気づかいのできる人」
に成長していました。

そして、卒業式の呼名の練習では、
大きな声で返事ができたそうで。
その返事は「女子の模範」とされたそうです(^^)


ほんとうに些細なことでも、
よい所を承認されただけで
「伸びる」ものなんですね(^^)


「勇気づけ」の
・不適切に注目しない。
・できているところに注目する。
とは、
このことなんだな~。って改めて痛感しました(^^)


「勇気づけ」とは
「困難を克服するチカラ」を与えること。


自分のどんな関わり方が
相手に「困難を克服するチカラ」を
与えることになるのか?
自分に問いをなげかけつつ
親子で乗り越えていけたらいいなと思います(^^)


今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)
しつもんと勇気づけで、自分を生きる。イキイキぴーぽー(People)を増やしたいひろろでした。