読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

現代病と腸の関係

いろいろ

子どもの頃からアトピー持ちの私。
もちろん、ムスメにも遺伝しています。
ステロイド軟こうに頼らずに
どうすれば、あのじゅくじゅくした痒み、
カサカサの皮膚から逃れられるのか
調べまくった時期がありました。


その中で興味を持ったもののひとつがこんな感じの本。
アレルギーの9割は腸で治る! (だいわ文庫) 



便秘になるとお肌が荒れる。と言われているように
腸内環境の良し悪しによってお肌の調子が左右されますよね。
たぶんそれと同じこと。
「お肌は排泄器官」と言っているCMがありましたが
まさに、便秘で老廃物を排出できない状態でいると
肌から排泄しようとするのでしょう。。。


だからアトピーさんは、表面上の症状を治しつつ
腸内環境を良くすることが
治癒への近道なのかもしれません。



腸内環境といえば
最近、このような情報を見つけたんです。
www.konishi-clinic.com



遅発型フードアレルギーが、アトピーに関与していることはもちろん、
喘息や頭痛、関節リウマチ、PMS、うつ・統合失調症などの原因不明の病気
果ては
ADHD自閉症スペクトラムなどの障害まで関与している可能性があるというのです!!
これにはかなり驚きました。
そして、
腸管の環境を整える治療により
病気として表面に現れている症状が改善するということです!!
しかも、
フードアレルギーなのに
食物制限せずに改善できてしまうっていうのはスゴイですね。



個人的には
木を見て森を見ず。的な西洋医学より
全体のバランスを見て対処する中医学統合医療がお好みなので
そういうネタは信じてしまうのですが(笑)
もし本当だとしたら
現代病のほとんどが改善できてしまうのではないでしょうか!
そう考えたら画期的な治療法ですよね!?


腸内環境、あなどれませんな!


今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)
しつもんと勇気づけで、自分らしく生きる、イキイキぴーぽー(People)を増やしたいひろろでした。



【5/1募集開始の講座】
アドラー心理学ELM勇気づけ勉強会
茨城・県西 アドラー心理学ELM勇気づけ勉強会 - しつもんで響きあう。