教えずに学んでもらう画期的な方法とは?

18歳で自動車免許がとれますが、
選挙権ももれなくついてくることになり、
この度、
18、19歳を巻き込んだ大規模な選挙。
という運びになりましたね。


学校では社会科で、国政のしくみは学びますが、
親として。
選挙について何をどう教えたらよいか?
ふと疑問に思いました。


「何を基準に候補者を選んだらよいか?」
を教えればいいかな。と思ったけど
基準は人それぞれ違うものだから
答えは一つじゃない。
親と子で価値観が違うことなんてアタリマエなこと。
だから。
教えることはできないな。って思った、
 
 
じゃあどうすればいい?
 
 
そうだ!!
「しつもん」して考えてもらえばいいんだ!!
 
 
ひらめきましたよ!


親子で「しつもん」に答え合い、
経験者と未経験者とで意見交換をすることにより
学べるんじゃないかな?


これって、つまり
家庭でのアクティブラーニングですね!!


ということで、
選挙権について考えるしつもんを作ってみようと思った
ひろろでした。



今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)
しつもんと勇気づけでイライラママをハッピーママにする、サポーターひろろでした。



【7月のひろろの活動】
●「しつもんで響きあう会・夜の部@しもつま」
日時:2016年7月28日(木)19:30~21:00
場所:下妻市
料金:1000円(飲食代別)
テーマ:「課題を解決する」
   8つのしつもんに答えながら困っていることや課題を解決してみましょう。
※お申し込みは以下のURLからどうぞ。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/271261ba262004