読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

親子で参加すると発見もたくさん!「あっという間に読書感想文が書ける魔法の質問」

先日の「あっという間に読書感想文が書ける魔法の質問」講座で、
初めて魔法の質問を体験された方から感想を頂いたのですが
なるほど!ということが書かれたいたので紹介しますね。

Q1:今日の学び、気づいたこと、感想などがあれば教えてください。
子供たちと向かい合って、意見をだすことが今までありませんでした。
最初は恥ずかしながら話していましたが最後は楽しみながら時間を過ごしました。

→書いた答えをグループ内で伝え合う。ということをしますので、最初はハズカシイかもしれませんね(^^)
でも、「出た答えはすべてマル(正解)」のルールがあるので、みなさん徐々に慣れていきましたよ!!
 
今までは私から「こうなんじゃないの?」とか「そうかな?」と子供たちの気持ちを受け止めずに書かせていたことに気づきました。うちの子がそう思ったのならば、素直に聞いてあげようと思いました。
→ステキな気づきですね(*'ω'*)
「子供たちの気持ちを素直に受けとめてあげる」ことってとても重要なことです。
「うまく書こう」とするのではなく「スナオに書く」ことを意識しましょうね☆


Q2:「しつもん読書」方式の本の読み方はいかがでしたか?
無理に答えを出さなくていい、みんなはなまるだと聞き、安心しながらすすめることが出来ました。
→魔法の質問のワークでは必ず、「出た答えはすべてマル(正解)」「答えはすぐに出なくてもいい」「他の人の答えも「そうだよね」と受け止める」
この3つのルールのもと、ワークを進めていきます。
これにより、発想に制限がなくなるので、どんどんイメージを膨らますことができるのです!!
大人はついつい、正しさを求めてそれを子どもに押し付けてしまいます。
でも、それって本来、自由奔放で奇想天外な子どものイマジネーションを台無しにしてしまっているんですよね~(^_^;)


ということで。
魔法の質問ワークのメリットをいくつか挙げましたが、
一人ではなかなかうまくいかないもの。
気の合う仲間と一緒に、「出た答えはすべて正解」と受け止める練習をしてみませんか?


日程が合えばリクエスト開催も承ります。
 


今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)
しつもんと勇気づけマインドで子育てをラクにする!サポーターひろろでした(^-^)v


【8・9月のひろろの活動】

●「あっという間に読書感想文が書ける魔法の質問」
日時:2016年8月21日(日)13:30~15:30
開催中止になりました。
●「しつもんで響きあう会・夜の部@しもつま」
日時:2016年8月25日(木)19:30~21:00
場所:下妻市
テーマ:「仕事における課題を解決する」
 困っていることを解決してスッキリしませんか?。
 8つの魔法の質問に答えていくと、解決策が自分で見つけられます。
 そして、実行に移せるんです(^^♪
●「イライラを手放す魔法の質問」(New!)
日時:2016年9月7日(水)10:00~12:00
場所:つくば市
イライラしている自分に自己嫌悪していませんか?
この講座では、ワークを通してイライラの原因と対処法を知ることができます。
イライラしている自分と「さよなら」したいあなたにおススメです。
※上記講座のお申し込みは以下のURLからどうぞ。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/271261ba262004