読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

夏休みの宿題を残してしまうお子様をお持ちのお母様へ。ウチもそうなんです!

夏休みもあと少し。
この土日は宿題消化日になりそうでしょうか???

うちは小4~6年まで、
宿題全部終わらなくてもそのまま学校に行かせてました。
アドラー心理学を用いた子育て法を実践しはじめたのが、小4の頃。
「宿題」は本人の課題なので
親であっても他人はその人の課題には踏み込めないのが基本です。
だから、私も担任の先生から指摘されること覚悟で送り出しました。


しかし。夏のドリル以外の宿題に関しては特におとがめはなく、スルーだったんですよΣ(゚ロ゚;)
6年のときはさすがに、2学期始まってからも、終わっていない分はやらされましたケドね。


でもね。。。
懲りないんですよ。うちの子(~_~;)
大変な思いをしても、また同じ事を繰り返すんです。
宿題っていうものにすごく抵抗を感じているようで、
追い込まれると身体に症状がでてきて拒絶状態になり、結局できないし。
親が促しても、放置でも、「宿題が期限までに終わらない」という結末は変わらないので、
こっちも、もうどうしたらよいのか。。。
参ってしまいます(x_x)


うちみたいな子。あまりいないと思いますが、
宿題やらない子だった。という人でも有名大学を出て学者になったり、
偉業を成し遂げたオトナだっているし。。。
そう自分に言い聞かせる反面、現実を見て、

  • 「大多数の人は、ちゃんとやってきているのに、あなただけやらないのはズルイんじゃないか?」
  • 「宿題」という先生との約束を守れないのはよくないことだ。
  • 「大人になったら、やりたくない仕事だってやらないといけないことがあるんだから、その練習を今やっているんだ!」

とザワザワするし。
(もちろん、私のザワザワした意見は、アイメッセージで伝えています)


ウチみたいな境遇の人、いませんか?
もし、「そうそう。ウチも!!」と共感された方。
がっちゃんこと土居一江さんの過去記事を読んでみてください!
ameblo.jp


どうやら、私が腹をくくるしかなさそうです。。。(;_;)

 
今日お読み下さり、ありがとうございます!(^o^)
しつもんと勇気づけマインドで子育てをラクにする!サポーターひろろでした(^-^)v


【9月のひろろの活動】

●「イライラを手放し笑顔になる魔法のしつもん」
日時:2016年9月7日(水)10:00~12:00
場所:つくば市
詳細:イライラを手放し笑顔になる魔法のしつもん@つくば
※上記講座のお申し込みは以下のURLからどうぞ。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/271261ba262004