しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

自己主張とわがままの境界線ってどこだろう?

ある日の学童での出来事。
その日は全員で「思いっきり外遊び」の日。


「思いっきり外遊び」の目的は、
・思いっきり体を動かすこと。
・やりたいことやルールなどを話し合うことで協調性が身につくこと。

ちなみに、外遊びの日は「外遊び行きたくない」と言う子が多いです(^_^;)
しかし、「××やりたくない」とは言っていても、
実際に行動に移してみると、夢中でやってるやん。というパターンが多いので、
その理由を聞いてみたり、
「そうかぁ、行きたくないのかぁ」と受け止めてみたり、
スタッフ側は様子をみていました。


しかし!
「宿題やるから外遊び行かない」という強者女子が数名現る!
(あ。男子も1人いたな。)


理由は、
「宿題をここで終わらさないと、お母さんに怒られる」
「この前、宿題をちゃんとやりましょうと話があったばかり。宿題終わってないのに遊びに行くのはおかしい」
「宿題終わらせたい」
と、「まあ、確かに。」と反論できない感じ(;´д`)さすが女子。
普段からも、帰ってきたらちゃんと宿題に取りかかるタイプだしね。
(しゃべりながらダラダラやってるけど。)
しかし、宿題をやりたいと言っていた男子の主張はあからさまに口実(笑)
行きたくないから「宿題やりたい」と言っている。
なので、「はい、○分になったら行くから、それまでに宿題終わらせてね」と、
こっちは連れていく気満々(笑)
なんだかんだ言いながらも公園に行きました。


そんなやりとりから、
・「自己主張」と「わがまま」の境界線ってどこなんだろう?
・同じ主張でも、認められた女子と、認められなかった男子の違いはなんだろう?

と疑問が湧いてきました。



ここは自分の意見が主張できる場所。
子どもの成長のことを考えて計画された「全員参加のプログラム」。
でも、主張が通ればプログラムは参加しなくてもよいのか!?
主張を認める判断基準は何?
なんかモヤモヤ~っとしてきました。


みなさんは、どう考えますか?


こんな感じで、私は、
子どもたちを見守りながら「なぜ?」を見つけ、
いろいろ考えたりしています。



しつもんと勇気づけマインドで子育てをラクにする!サポーターひろろでした(^-^)v



●「子どものやる気を引き出す魔法の質問」
日時:2016年10月13日(木)10:00~12:00
場所:つくば市
詳細:http://www.reservestock.jp/events/145294
●絵本好きなオトナのための「しつもん読書交流会@下妻」
日時:2016年10月22日(土)10:30~12:00
場所:下妻市
課題図書:絵本。絵本からのメッセージを受け取ろう!
詳細:http://www.reservestock.jp/events/144860
●「アドラー心理学ELM勇気づけコミュニケーション講座」
日時:2016年10月29日、11月5日(土)10:00~16:00
場所:下妻市
詳細:http://www.reservestock.jp/events/144027
●あなたのファンがじわじわ増える。
 「魔法の質問式ビジネス勉強会」
日時:2016年10月27日(木)19:30~21:00
場所:スカイプ
内容:「魔法の質問オンビジネス」のテキストを用いた勉強会
「7つの法則 Les.2 ゴリヤクの法則」
詳細:http://www.reservestock.jp/page/event_series/20848