読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

10/13「子どものやる気を引き出す魔法の質問」講座レポ(2/2)

子どものやる気を引き出す魔法の質問WS

今回は、
先月の「イライラを手放し笑顔になる魔法の質問」に引き続き参加してくださった
まゆみさんのご感想を紹介します。


まゆみさんは、3月にシンガポールでキッズインストラクター養成講座を受講したばかり。
帰国されてからも「しつもん」を自分に、子どもに取り入れています。
しかも。
先月「イライラを手放し笑顔になる魔法の質問」講座を受講してから、
イライラが減った!そうですよ(^^)


そんなまゆみさん。
講座の中で日常を振り返っているうちにこんなことに気づいたそうです。

キッズインストラクターになってから、改めて受講してみました。
以外と自分がしつもんを使えているんだ!とびっくりしました

自分や子どもにしつもんを使ってはいる。
でも、その成果はどうなのか
ここで改めて振り返ってみたら、
あら、意外とうまくいってるじゃない!
ということに気づかれました。
スバラシイ!!


そして。
「答えは出なくてもいい」というルールは分かっていても、
子どもにしつもんをして答えが返ってこないことにモヤモヤを感じたりと、
慣れるまで時間がかかった。
ということでしたが、
いいんですよ。時間がかかっても!!
実践することに意義があるのです。
それにより、変わってゆくのです♪


今後「しつもん」をどのように使っていきたいか?という問いには、

こどもに対しても、自分に対しても、何かをやろうとする時、
「どのようにすれば」、を使って
やろうとしている事が上手くいったその先に意識を向けていきたい

と書かれているので、
「何のためにそれをやるのか?」の目的をプラスしてみると
さらにいいかもしれませんね。




さて。
まゆみさんはキッズインストラクターなので今回の講座を開ける資格があります。
「講座はやらないんですか?」と聞いてみたところ、
「私はまだ講座を開く側ではない。って感じてるので開くつもりはないかなぁ。」
という答えだったのですが、
「しつもん」の経験談を話しまくるうちに
同席のKさんに
「講師が2人いるみたい!!」
「ぜひ講座を開いて!」
と言われ、気持ちがこのように変化したそうですよ。

わざわざ、できるとかできないとか自分で決めてしまうのはもったいないなぁ、と思いました。
無理せず、その時が来たら頑張ろう時思いました

うんうん。そうだ!そうだ!!
私も最初は講座やるつもりじゃなかった!(笑)


タイミングが来たら、応援しまっせ~(^^♪
 


いつもお読みくださり、ありがとうございます(*^▽^*)



●絵本好きなオトナのための「しつもん読書交流会@下妻」
日時:2016年10月22日(土)10:30~12:00
場所:下妻市
課題図書:絵本。絵本からのメッセージを受け取ろう!
詳細:http://www.reservestock.jp/events/144860
●「アドラー心理学ELM勇気づけコミュニケーション講座」
日時:2016年10月29日(土)、11月5日(土)10:00~16:00
場所:下妻市
詳細:http://www.reservestock.jp/events/144027
●あなたのファンがじわじわ増える。
 「魔法の質問式ビジネス勉強会」
日時:2016年10月27日(木)25日(火)19:30~21:00
場所:下妻市
内容:「魔法の質問オンビジネス」のテキストを用いた勉強会
「7つの法則 Les.2 ゴリヤクの法則」
詳細:http://www.reservestock.jp/page/event_series/20848
●「イライラを手放し笑顔になる魔法の質問」
日時:2016年11月17日(木)10:00~12:00
場所:つくば市
●「子どものやる気を引き出す魔法の質問」
日時:2016年11月23日(水)10:00~12:00
場所:下妻市(予定)