読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

うまくいかないときこそ、あるもの探ししてみよっ!

思うこと 不登校

なんか最近、ブログが書けなくなってます。
ほんと、ネタが浮かんで来ないのでです。
きっと、ココロに余裕がないからかな。。。
ということで、スローペースでの更新になると思います!
よろしくおねがいします。


さて。
ついに。うちの子も「学校に行けない病」が発病しました。。。
それに伴い、親である私もいろいろ想うことがあります。
しかし、いろいろありすぎて、表現しきれません。


ただ、これだけはやはり必要だなと思った事があります。
それは。
お母さん(or家族)に溜まる不安やストレスの放出先。


不登校」という通常ではない状況になると、
それだけで、
ココロがザワザワ、モヤモヤ、イライラしますね。
学校側の考えと、お母さんの考えが逆方向だと余計にですね。
どんなに「自分のココロのグラスを満タンに」なんて心がけても
グラスに入っているエネルギーはどんどん減ってゆきます(;_;)
そして、
あっという間に溜まったストレスの矛先は、不登校してる本人(当事者)へ。。。


悪循環ですね。


だから。
もし、不安やストレスを抱えているのであれば、
勇気を出して、
不登校の子を持つ親の会」のようなサークルに顔を出してみましょう。
勇気が出ないなら、
Facebookでは不登校サークルやグループがあるので
投稿の内容を見て、ここなら大丈夫そうだと思ったら
グループへの参加申請を出してみてください。
ブログをみて、お話会をやっているようなら行ってみるとかね。


どちらも勇気がいる一歩ですが、
きっとお子さんも学校に行こうとするときはf:id:ITK:20161108175059j:plain
同じ想いをしていると思いますよ~。



そういえば。
原田綾子さんの今日のブログ。
今の私にとって、盲点なところを突かれて
そういえばそうだった!と光がさしました。
紹介させていただきますね。

子育ても同じで、子どもに

「もっと勉強させたい!」


「変わって欲しい!」


「しっかり育てなきゃ!」

・・・と思えば思うほど、

子どもは親の思いと逆の方向へ行ってしまう。




前提がマイナスの位置にあるから。

前提を「ダメ」、と、捉えているから。

(前提どおりになる)





「今ないもの」「足りないもの」に目を向けている限り

うまくいかない。


できていない多くを嘆くより

今、子ども(自分)ができていることは何かな?

と考えてみる。




もっと!もっと!と理想を高くするより

今ある豊かさに目を向けてみよう。

あるもの探し、してみよう。

ね。冒頭に書いた文章。
思いっきり「ない」に注目してるでしょ~(≧▽≦)笑
更新ペースは遅くてもブログは書けているじゃんね~(笑)
うまくいかないときこそ、
あるもの探し。してみませんか?
ameblo.jp


不登校に関しては、
当事者はそのままでよくて、
私の中の何がそうさせているのか、ココロの奥底に問いかけてみる。
そして、思い当たる節があったら
それを認めてあげる。
怖いけど実行してみる。


私はこの方法を試してみます。


もちろん、ゆるりとね。


相手を変えずに相手が変わる。って魔法みたいですね(^^)




今日のしつもん。
「その問題は私にどんな学びがあるのですか?」



絶賛大募集中!「イライラを手放し笑顔になる魔法の質問」
日時:2016年11月17日(木)10:00~12:00
場所:つくば市
詳細:http://www.reservestock.jp/events/151315
●「なりたい自分をみつける魔法のしつもん」
日時:2016年11月23日(水)14:00~16:00
場所:下妻市
詳細:http://www.reservestock.jp/events/151298
●「アドラー心理学ELM勇気づけコミュニケーション講座」
日時:2016年12月10・17日(土)10:00~16:00
場所:下妻市
詳細:http://www.reservestock.jp/events/151295