読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

ココロのワサワサ感が小さくなりました。

不登校

土日は天気が良くてお出かけ日和ですね。
七五三のお祝いをされる方も多いのではないでしょうか?
絶好のお天気ですね☆

さて、私のほうはと言いますと、
ムスメの不登校の件で先週まではココロがワサワサしてました。


私にできることは
子どもをどうにかすることではなくて、
寄り添って、
少しでもできているところに注目して
「自分はできるんだ!」という自信を少しでも回復できるようにお手伝いをすること。


そう頭で分かってる部分と、
なんとも言えない不安との間を行ったり来たり。


なんとも言えない不安。を少しでも解消したいなと思い、
学校に行けないムスメのことで担任の先生と面談をしてきました。


先生が今回の件に関して、どう考えているのか。
それが分かって、方向性がみつけられれば(私が)安心できそうだったので!


私にとっては、
顔が見えない電話で話すより、
直接会って話したほうが
話の持っていき方も迷わないし
ニュアンスが伝わりやすくて安心なんです。
(ということは、視覚優位なのかな。)


休むようになってからの様子、
今までの学校での様子などを
お互いに情報交換しました。


最後に、私からの視点での
ムスメの得意なコト、苦手なコトについてまとめておいたので
それを見てもらいました。
すると、先生も思い当たる節があったようで、
納得したみたいです。


うちみたいに普通とちょっとチガウ子の場合は、
先生の経験データベースの中にも事例がないかもしれない。
そう考えたら、
あらかじめ親が把握していることを提示して
情報共有しておいた方が
先生の役に立ちそうだし、
親の主観と第3者の主観の違いから
お互いに何か気づくことがあるかもしれませんよね!


だから、
何かトラブルがあったときの情報共有ってとても大事なことだと思いますよ。



正直、
担任の先生も部活顧問の先生も
今のムスメの状態をちゃんと受け止めてくれていて、
無理を強いない対応をしてくれるので
ホッとしています。



ムスメは今、思春期ですからね。
いろいろ感じることがあるのでしょう。
(それも成長のひとつ!)
今回の件は、その「感じた」ことが、うまく言葉にできず溜まっていき、
他にもいろいろな要因が重なってこうなったのかな。。。
と勝手に思ってます(^_^;)


不登校」が自己表現の手段だとしたら
それを「問題」として扱うのは違うんじゃないかな?
そんな考えにも変わってきています。


ということで、今日はこちらの講演会に行ってきます!
【満員御礼】東京シューレ代表 奥地圭子さん【学校に行けない・行かない】を考える講演会


いつもお読みくださり、ありがとうございます(*^▽^*)



絶賛大募集中!「イライラを手放し笑顔になる魔法の質問」
日時:2016年11月17日(木)10:00~12:00
場所:つくば市
詳細:http://www.reservestock.jp/events/151315
●「なりたい自分をみつける魔法のしつもん」
日時:2016年11月23日(水)14:00~16:00
場所:下妻市
詳細:http://www.reservestock.jp/events/151298
●「アドラー心理学ELM勇気づけコミュニケーション講座」
日時:2016年12月10・17日(土)10:00~16:00
場所:下妻市
詳細:http://www.reservestock.jp/events/151295