読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

しつもんライフのすすめ?

たまたま読んでいたマンガと、
キングコング西野さんのブログに共通することが書いてあり・・・。
短期間でこのキーワードに2回も遭遇するってことは
ある意味メッセージだな(^_^;)と思ったので
ここに書いてみたいと思います。


そのキーワードとは。


「問い」を持て。


みなさん。
「問い」を持つメリットって何でしょう??


これは、大人にも子どもにもいいことだと思います。
なんといっても、これから学校に導入されていくであろう「アクティブラーニング」は「なぜ?」というところから入っていきますからね。


ただ。


「なんで身体の調子が悪いんだろう?」
「なんで私ってどんくさいんだろう?」


というように、
自分に不足している所を追及するような「問い」は「自虐問い」になってしまうので逆効果です。
そういう時は「どのようにすれば?」の視点の「問い」に変えてくださいね(^^)


lineblog.me


lineblog.me


「問い」があるということは「答え」もあるということなのですが、
その「答え」は自分で決めていい。
というのがこれからの時代のあり方だと思ってます。
常識という答えに縛られているからそこに無理が生じるのです。
それに、ものによっては古い時代の「常識」が今の時代にまかり通っていたりしますからね(^_^;)
そりゃ~合いませんよ(^_^;)


別の答えがあったとしたら何かな?


そういう視点で考えてみるのもいいかもしれません。



「魔法のコンパス」
とんがってますが、世の中の常識とやらいうものをぶった切ってくれているので
なかなかオモシロイです!
魔法のコンパス 道なき道の歩き方