しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

7/29未来屋書店 水戸オーパ店「あっという間に読書感想文が書けるしつもん読書会」

7/29は、水戸駅南口にある水戸オーパ8F「TODAY’s Life/未来屋書店 水戸オーパ店」にて
「あっという間に読書感想文が書けるしつもん読書会」をやらせて頂きました。


会場は、未来屋書店併設のカフェ!
(普段は、ここに書店の本を持ちこんで読書をしてもよいのだそうです)


書店さんのステキな予告看板


水戸では初めての開催にも関わらず、午前・午後共に満席でした。

なぜなら。
書店の店員さんがこのイベント告知のために、暑いなか、外でチラシを配布してくださったからです!!
これは、店員さんたちの努力のたまものですね。素晴らしい書店さんです。



そして。「あっという間に書ける読書感想文」のほうはといいますと。
午前の部は親子で参加して頂きました。


「え?私もやるの?」と少し驚かれたお母さんも快く参加してくれて
親子で仲良く感想文に取り組みました。


最初は自分の答えを発表することがハズカシイ子も
回を重ねるうちに慣れてきて、
それぞれのテーブルの雰囲気が和やかになりました。



午後の部は4年生以上。
落ち着いた雰囲気で、皆さん黙々と答えを書き、
答えを伝え会っていました(^^)



しつもんの中には、低学年さんには答えが思いつかないものもあります。
でも、
考えてみたけど答えが思いつかなかった。はOKだし、
誰かの答えが自分のにも使えそうならOK
文章にしたときに、答えが思いつく場合もあるので
そこは気にしないで進めています。


「しつもん」のワークは3つのグランドルールに従って進められます。
1.どんな答えも正解
2.答えが出なくてもいい。考えることが大事
3.他の人の答えも「そうだよね」と受け止める

これがあるからこそ、素直な気持ち、発想力が引き出せるのですね。
とっても良いルールです(^^♪



今回、参加された方の感想を聞くと、大人も子どもも
「楽しかった~!」
と言って帰っていかれました。
・自分が出した答えを否定されることがない
・グループの仲間に「いいね」って言われる

この2点が楽しく書けるポイントなのかもしれません。


読書感想文にお困りの方には
「あっという間に読書感想文が書ける魔法の質問」はとってもおススメなワークショップです。
全国に魔法の質問キッズインストラクターや、しつもん読書ファシリテーターさんがいますので、
「あっという間に読書感想文が書ける魔法の質問」と、地域名で検索してみてくださいね!