しつもんで響きあう。

「子どもTo共育ラボ」代表・ひろろの学びブログ

長谷川満先生の「子どもを幸せに育てる10のルール」

こんにちは。ひろろです。


「あなたも子どももそのままでいい」
を提唱している長谷川満先生。
そのココロは、まるでお釈迦様のように優しく、時に厳しい。


そんな長谷川満先生の「子どもを幸せに育てる10のルール」が関東地方の9/21の朝日新聞の「解決!アスクミー」の全面広告として掲載されています。


朝日新聞をとっていたらチェックしてみてくださいね☆




「子どもを幸せに育てる10のルール」長谷川満先生のブログより拝借させていただきますね。

 1、10歳までは寝る前に「大好き」とハグしてあげて下さい。

 2、好き嫌いは無理に直そうとしないで下さい。それは小さなことです。

 3、急かさないであげて下さい。待つことは愛情です。

 4、子どもの話に耳と心を傾けてあげて下さい。聴くことも愛情です。

 5、そのままを愛してあげて下さい。自信はそこから生まれます。

 6、勉強を強制しないで下さい。強制されると嫌いになってしまいます。

 7、習い事は2つまで。やめたいと言い出したらやめさせてあげて下さい。

 8、甘えさせてあげて下さい。十分に甘えられた子が自立できるのです。

 9、子どもの喜びを一緒に喜んであげて下さい。

10、幸せなお母さんでいて下さい。幸せな親が幸せな子どもを育てます。

ルールと題していますが、
「こうしなければならない」ではなく、
「こうするともっといいよね」という解釈をするといいです。


このないように共感するところがあるなら、
どれか一つ、取り入れてみるといいでしょう。


hasegawa-mitsuru.seesaa.net