先生におススメ魔法の質問!

ご喜顔いかがですか?ひろろです。
 
教員支援ネットワークT-KNIT様の勉強会に「魔法の質問」を取り上げていただきまして、
18日に「子どものやる気を引き出す魔法の質問」をお届してきました。
 

ここは笠間・民芸の里。
カフェ、レストラン、物産店などテナントが立ち並ぶ
その一角にホールがあり、そこが会場でした。


今回、受講してくださったのは子どもの教育に関わる方々。
面識のない人同士でも、ワークを進めていくうちになごんでいきましたよ。


講座の内容でいちばん響いたのはやはり
「尋問と効果的な質問の違い」について。
これを知ると、たいていのお母さんはショックを受けられます(笑)
(私も初めて知ったときはショックでした)
でも、これを知ることで、自分が尋問しているのが認識できるようになるし、
認識できれば、修正することもできますから大丈夫!


「魔法の質問」を誰におススメしたいか聞いてみたら、
「教員志望の学生」、「お母さんたち」、「メンター」
ということでした。
私も、学校の先生方に「魔法の質問」を知ってほしいと常々思っていますので、
もし機会を頂けるのなら「子どものやる気・・・」を教育現場にもお届けします!
お問い合わせはコチラ↓↓↓までどうぞ。
https://www.reservestock.jp/inquiry/14939/



いつもお読みくださり、ありがとうございます。