試される環境でどう生きていく?

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。
いつもブログを見に来てくれてありがとうございます!


南は噴火、西は豪雨、北は真冬の洪水。。。と、
試される大地。日本。といった今日この頃…(-_-;
今日は、東日本大震災から7年ですね。
犠牲になられた御霊(みたま)に祈りを捧げました。


東日本大震災を経験して痛感したのは、
・自然の営みにはかなわない
・いつ命を落とすか分からない
ということ。


写真)津波ですべて流された地域(震災後視察に行きました)


東日本大震災後も、数々の災害が全国各地で起きています。
災害が避けられないのなら、
その条件のなか、どう生きるか?どう生きたいか?
を考えておくことが、いざという時のためになるのかな。と思います。
 
「なるようにしかならねー」って開き直って(笑)
残された環境でうまくやりくりしていくのも、
ま、生き方のひとつですが!


自分の使える時間(=命)を有意義なものにしたい、ひろろの考察でした。