認められたい!承認欲求

こんにちは。共育ラボです。

6月を迎えましたね。
初夏のような5月だったのと、
夏休み中のイベントを計画しているせいで
気分はすっかり7月でした(^_^;)
アジサイが咲いているのを見て、
あ。まだ6月だったと引き戻される今日この頃です(^_^;)

今日は【承認欲求】について書きます。
子どもと接したり、
社会で起きているトラブルを眺めていて、
気になったのがこのキーワード。

承認欲求って何?


人が他者から認められたいという気持ちのことです。
多かれ少なかれ、誰もが持っている欲求の一つです。
マズローという心理学者の「欲求5段階」という理論があるのですが、それによると
下位の層から、
生理的欲求→安全欲求→社会的欲求→承認欲求→自己実現欲求
の順に構成されていて、下位の層が満たされれば次の階を満たしたいという欲求が働くしくみになっています。
認められたい..。承認欲求ってなんだ?|モチベーション向上の法則


承認欲求が強いとどうなる?


承認欲求って誰にでもあるものなんだけど、
それが強すぎるということは、
「私を認めて♥」「かまって欲しい」という心の奥底の無意識が表面化してしまっていること。
それがかえってトラブルを起こしたり、
頑張ってるのに空回りしてると感じたりするんだよね。
「私こんなに頑張ってるのに、なんで!?」って。



子どもの承認欲求だったら「見てみて!」とか自慢話とかでかわいいもんだけど、
大人の承認欲求って、恨み妬みになったりして捻れるからめんどくさいです(^_^;)

自分の存在意義を周囲からの評価に頼ると苦しい。


私が会社勤めをしていた20代、30代の頃は会社の役に立ってなんぼだと思ってました。
だから、育休後、職場復帰したとき
時間的に無理で、やりたくても仕事がこなせなかった時は
できない自分に辟易してました。


そう。自分の価値や存在意義を周囲の評価に頼っていたのです。

なぜ承認欲求が強くなってしまうのか?


これは私個人の考えですが。


昭和時代の子育てってダメ出しばかり。時には否定されて、
肯定されることってあまりなかったのではないでしょうか?


お母さんに認めてもらいたい。


そんな幼い時の自分が、心の奥底に居て、
ずっとそれを待っているんです。


根っこはそれ。


あのときに、
 
どんな自分でも
 
「あなたはあなたのままでいいんだよ」
 
と言ってもらえてたら
 
今、どうなっていただろう。。。






でも、過去に執着していたら何も変わりませんね。



承認欲求は自分で満たそう


私の場合、魔法の質問やアドラー心理学を実践することで
ダメな自分にOKが出せるようになりました。


え?それって自分を甘やかしてる?


いやいや。そんなことはありませんよ。


失敗した、うまくいかなかった自分にOK出した後は、
「じゃあ、次どうする?」
「それ、乗り越える?」「やめとく?」
という気持ちに置き換わります。
「ああーやっぱりだめじゃん」って自分にダメ出しばかりしてると
かえって自己嫌悪、自信喪失へまっしぐらですよ。



大人向けの「魔法の質問」講座で、必ず説明する「シャンパンタワーの法則」
自分の心のグラスは自分で満たす「愛の自家発電」をしよう。
とお伝えしていますが、それはなぜかというと
だれかに満たしてもらう=他人の評価に左右される
からです。
他人の評価って良かったり悪かったりしますが、
自分の評価は自分で決められますから一定の品質を保てるはずですね(笑)

世界はもっと幸せになれる!


だから、私は。
シャンパンタワーの法則や、魔法の質問キッズインストラクターの10か条、
アドラー心理学を実践する人が増えたら
世界はもっと幸せに、自分らしく生きられるんじゃないかと思ってるんです!
だから、私は。
魔法の質問とアドラー心理学の理論を多くの人に知ってもらいたいんです!



ということで。アドラー心理学入門編を学べる勉強会を始めます♪
水戸方面の方いかがですか~?


「勇気づけコミュニケーション勉強会ELMサーキット 」
アドラー心理学勇気づけELM」全12章を1カ月2章ずつ進める勉強会を始めます!
(全12章を6カ月かけてムリなく学びます)
 
日時:2018年6月22日(金) 14:30~16:00
場所:水戸(内原イオン)
受講料:2,100円/回
記念すべき第1回はこの2章です。
 第1章 さまざまな見方・考え方の存在を意識する。
 第2章 聴き上手になる
詳しくは下記URLをご覧ください。
https://www.reservestock.jp/page/event_series/35807
※資料を用意する必要があるので、上記ページより必ずお申込みください。