Waiwaiハロウィン「コドモマーケット」その2~お買い物編

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。


10/7(日) Shi♡Shimai presents Waiwaiハロウィンにて
「コドモマーケット」12:00~13:30開催させていただきました。
 
コドモマーケットとは。
「お店を出すのも、お買い物をするのも小学生以下の子どものみ」
というコンセプトでやっているフリーマーケットです。


コドモマーケットは12時スタート。
13時30分までの90分限定でオープンします。
始まる少し前になると、ちいさいお客さまが集まってきました。
早くお目当てのものを買いに行きたくて、待ちきれない様子!!


オープン後は、こんな感じで、
マーケットエリアの外側に大人のオーディエンスが立ち並び
我が子の様子を監視いや、見守っています。


なかには、子どもが選んだものに外野からいちいちケチをつける親も。
そのお子さんたちは、自分が欲しいものをいちいち親におうかがいを立ててお買い物をしていました。
・・・これでは、全然楽しくないですね。
(しかも後で聞いた話。その親、出店者の子に値切りを交渉してたとか・・・これはNG行為です!<`ヘ´>)


f:id:ITK:20181007123219j:plain
ハロウィンイベントだったので、かわいい格好のお客さまがいっぱい。

 
 
この日は天気が良すぎて暑かった。
でも、屋根の下なのでちょっとはマシなのです。が、それでも少し暑かったですね。



金銭感覚もないし、1人でお買い物はまだ無理。というちっちゃなお客さまもお買い物にチャレンジ!
スタッフがお買い物をサポートします。
ママは外で、ドキドキしながら見守っています(^^♪



小物すくいがやりたかった女の子。
すくったものをおにいさんが袋に入れてくれました。
そして。

ママにほうこく~♪



お買い物したいんだけど・・・立ったままかたまってしまう子。
なんかみんな中で楽しそうだから、自分も入ってみたけど、わけが分からずに泣いてしまう子。
お店の人が大人じゃないから、違和感を感じて中に入れない子。
慎重派さんでも大丈夫ですよ~。
そして、スタッフはちゃーんと見守っています。
スタッフからは

パパやママとほんのちょっと離れただけで固まってしまうお子さまが
ドキドキと不安な表情をしながらお店を見ていくうちに、笑顔になっていったり、
出店側の子たちもどうしたらお客さんが来てくれるか工夫したり、一生懸命声かけしたり、小さな子に寄り添ってあげたりと。
スタッフとして近くで見ていて感動しました。

という感想をもらいました。
慣れるまでじっくり待ってあげたり、スタッフが声をかけて一緒にお店を見てあげたりすることで笑顔になっていったのですq(^-^)p

開始から感じたことは、あの数時間、数分間に、子どもたちがそれぞれ心の変化や成長が見られた事です。
(スタッフの感想より)

ほんとにそう!
兄と妹でお買い物をしていたところに居合わせた私。
妹の手を引いて、買うものを選んでいる兄。
兄はすぐに欲しい物を手にしましたが、
妹ちゃんはどれを選んだらいいか分からないみたいでした。
そこへ兄。
「女の子に合うものはどれですか?」
と聞いてきました。
(おぉ!妹のために聞いてくれたんだ~!!)と内心感心しながら
これはどう?と2つくらい候補を取ってあげたら、妹ちゃん、ドラえもんに反応!
お金を払って、無事、お買い物ができました。
 
その様子を、ママに伝えてあげたら、
兄の対応に「え?本当ですか!?」とビックリな様子。
ママがいないところで本領発揮ですね!!




コドモマーケットは、子どもがお買い物を楽しむ場だけではなく、
「成長を発揮する場」「成長を発見できる場」にもなっていました!!
開催の目的を達成できて、主催側としてはうれしい限りです(≧▽≦)



次のブログでは、感想を紹介しますね。
→ Waiwaiハロウィン「コドモマーケット」その3~出店者感想編 - しつもんで響きあう。


最初から読む
→ Waiwaiハロウィン「コドモマーケット」その1 - しつもんで響きあう。