おはじき遊びからの気づき

子どもと共に大人も育とう。ともいくラボです。
いつもブログを見に来てくれてありがとうございます!


先日、小1の女子たちとおはじき遊びをしていて気づいたことがあります。


「これって、指先の微妙な力加減の練習になるな~」って。


先日「寺虎屋」で聴いた小俣よしのぶ先生の話で、
「めんこ」や「紙でっぽう」のふりかざす腕の動きが、野球の投球フォームに役立つ。
と聴いて、昔遊びがそんなところにつながるのか!?と衝撃を受けました。
その影響でアンテナが立ったのか、おはじき遊びの効果に気づいてしまいました(笑)


私と3人の1年生とでおはじき遊びをしていたのですが、
1人だけ、おはじきをうまくはじけなくて、悔しがっていたので、
次のゲームに入る前に、
どれくらいの力加減をすれば、目的のおはじきにぶつけられるのか?感覚をつかんでみて。
というアドバイスをして、はじく練習をさせてあげあました。
すると、次のゲームでは、前回よりとても多く数が取れました!!(スゴイっ)
練習でうまくぶつかる力加減が分かったんですよね♪

f:id:ITK:20181208000736j:plain
だからといって、その「指先の微妙な力加減」が何にメリットがあるのか?は分かりませんが
指先を使う事なので、脳によい刺激はありそうですね。


折り紙、けん玉、コマまわし・・・
幼稚園時代にはよくやったなぁ。。。(*´ω`)
一般人としては、伝統を継承するためにやるのかな?と思っていたのですが、
発達を促すためにやっているのかもしれませんね。