読書感想文ワークショップお申込み状況

子どもと共に育とう。子どもと共育ラボのひろろです。


「あっという間に読書感想文が書ける魔法の質問」ワークショップのお申込み、
絶賛受付中ですが、
7/27(土)下妻市開催分の残席が、高学年あと1名、低学年親子あと1組となりました。(7/18現在)
まだ迷ってる方がいらっしゃいましたら、お早めにお申込みください!
↓↓↓↓↓
あっという間に読書感想文が書ける魔法の質問2019@下妻 2019年7月27日(茨城県) - こくちーずプロ(告知'sプロ)


8/2(金)つくば開催分はまだお席に余裕があります!
あっという間に読書感想文が書ける魔法の質問2019@つくば 2019年8月2日【低学年の部】(茨城県) - こくちーずプロ(告知'sプロ)


小4以上の回は、中学生の参加もOKです。
部活で忙しくて、本を読む時間、感想文を書く時間がなかなか取れない!!
そんな中学生におススメです。
アウトラインレベルの下書きができるので、着手しやすくなると思います♪
あっという間に読書感想文が書ける魔法の質問2019@つくば 2019年8月2日【高学年の部】(茨城県) - こくちーずプロ(告知'sプロ)


「読書感想文ってなんで書かないといけないの?」

お子さんはそんな疑問を持っていませんか?
(大人でも同じ疑問を持っている方がいるかもしれませんね)


結論を先に言うと、
・本を読む。感想を書く。この2つの行為で、これからの時代を生きるために必要なスキル(論理的思考力、表現力、伝える力、得た情報を活用する力等)が得られるから。
・「読む」ことはインプット。「書く」ことはアウトプット。インプットしたことをアウトプットすることで、本を読んで得た学びや気づきを記憶にとどめておくことができるから。
です。
  
しかし。それをお子さんに伝えたところで、理解して取り組んでもらえる可能性は低いでしょう(笑)

私が目指すところは、 
楽しく取り組んだら、あっさり書けちゃった♪
です。
やらせるスタンスは絶対にとりません。
(だって、やらせるスタンスでは、やる気なんて生まれないですからね!)
楽しく取り組むからこそ、読書感想文の苦手意識を払拭できるんです。
 
「あっという間に読書感想文が書ける魔法の質問」で、楽しく、読書感想文を書いてみませんか?
ぜひ、体験しに来てください。