不登校でも大丈夫!

こんにちは。ひろろです。
ご喜顔いかがですか?


10/31(木)知ろう・話そう・つながろう!ということで、
保護者のための「不登校おしゃべり会@しもつま」を開催しました。


「#不登校は不幸じゃない@茨城」のイベントで知り合った心強い仲間たちが協力してくれて、おかげさまで楽しいおしゃべり会になりました!!


おしゃべり会ですけど。まずは施設内ツアー(笑)
Waiwaiドームが初めての人がほとんどだったのでね)

ちょうどよく和んだところで、おしゃべり会をスタートしました。
 
 

経験者の話ほど説得力のあるものはない

やっぱり、経験者の話ほど説得力がありますね。
そして、ほぼ同じ境遇を体験してるので、1人じゃないっていう安心感が得られます!
 
ちょっと先を行く先輩ママさんがその経験を語り、
渦中のママさんがその話を受け取る。
 
語る方は、
どんなにつらい経験だったとしても、時を経て言葉にすることで、
そのときの想いにカタをつけられる。
聴く方は、安心感が得られる。
なんか、これっていい循環だな~って思いました。


子どもをなんとかする。のではなく、自分のココロを安心させることが先。

ひろろ的には、
子どもをなんとかする。のではなく、自分のココロを安心させることが先。
と自負しております。
なぜなら、
子どもをなんとかしたいのは、自分のココロが不安でいっぱいだから。
ゲストスピーカーMさんが
「子どもを心配するのではなく、信頼しよう」
と言っていたのですが、まさにその通り。信頼したうえで対応していったほうがうまくまわります。
心配になるのはその奥に不安があるからなのです。
なんで不安かというと、先が見えないからだったり、どうしたらいいか分からなかったり、べきねば思考でがんじがらめになってしまってるからなんです。


じゃあ、安心させるために何ができるのか?


それは、不登校やひきこもりのトンネルを抜けた当事者や関係者の話を何度も聴くことでした。
1回じゃ信じられないかもしれないから、2回、3回聴いてみる。
そうすると、どの経験者も「転機」や「きっかけ」というものがありました。
どのタイミングでそれが来るかは分からないけど、必ずどこかでそういうものがあるものなんだな。。。
そして、その転機やきっかけで、自ら動き出すことがポイント。
どうやらこちらからそれは与えることはできないようだ。。。
そう気づいたら、
パワーがたまればどこかで必ず動き出すから「今はこのままでいいんだ」という安心感が得られ、
この子は大丈夫って信じることができるようになったのです。


お母さんが安定すれば、自ずと、子どもも安定する

ゲストスピーカーさん3人ともこんな感じのことは何度も口にしていました。
いろいろ心配で不安だった時、子どもとの関係や家族との関係もよくなかったそうです。
でも、悩みを聞いてくれる場で泣いて、不安を吐き出していくうちに、気持ちも安定して
「学校に行かせなければ」から「学校いかなくていいよ」と言えるようになった。
その結果、子どもとの関係も良好になった。と。
 
子どもも子どもなりに、いろいろ考えてるし、不安も抱えてます。
いちばん身近にいる人に、「大丈夫だよ」とか「学校は無理に行かなくてもいいよ」って言われたら
それほど安心なことはないですよね。

家にいても学んでいることはある

今は、知りたいことはネットで探すことができます。
自分の興味のあるところから入って、きわめていくので、
学校で学ぶよりも主体的な学びができているのではないかと思います。
そして、
やりたくないことをやらせるより、やりたいことをとことんやらせた方が、軌道に乗りやすい気がします。
(何人かの話を聴いたら、そんな傾向があったので...)


同伴のお子たちは、施設内のボルダリングを楽しんだり、
通信ゲームをやったりして過ごしてました。


おしゃべり会は2時間たっぷり話をしました。
それぞれに得られたものがあったのではないかと思います!
子どもの成長って、近くにいると分かりにくいので、
こういうおしゃべり会や親の会などで定期的に話すことで、誰かが小さな成長を見つけてくれたりするんです!
それもいいところなので、ちょっと勇気をだして参加してみてください。
親の会情報は、Twitterで流しています↓
不登校Enjoyチャンネル」@SchEnjoy をフォローしてね。