吉藤オリィさんによる「自信がつくまでの5つのステップ」

ごきげんいかがですか?ともいくラボのひろろです。


どうすれば自己肯定感とか、自信がつくんだろう?
という問いに対して、こうすればいいという模範解答はネットで探せば出てきますが、
この記事を読んで、それにはプロセスがある。ということを知り、ふか~く納得しております。
note.com



分身ロボットOriHimeを、寝たきりの親友のために開発してきた吉藤オリィさん。
番田さんの困りごとを、対話を重ね、対策を考えて実行してきた結果、寝たきりでも会社に勤め、将来は自分で会社を作りたいと意欲をみせるようになったそう。
そして、オリィさん自身も
小5から3年半不登校を経験したのですが、ロボットコンテストでの優勝などがきっかけとなり、目指すものができて、ものづくりへの道を進みました。


この記事では、番田さんのことを振り返りながら、自信がつくまでの5つのステップ(ピラミッドの図)について解説しているのですが、このステップにとても納得しました。
土台となる下の階層から満たしていく必要があるのですね!

 
しかし、このステップは、親が用意してあげられるものではないなぁ。。。
(きっかけづくりや、提案はしてあげられますけどね)
思春期入る前までは、「コミュニティ所属」の所が「家庭」にもなり得るかもしれませんが、
思春期以降は親から離れていくので、自分を高めてくれるメンター(第3者)と出会えるかどうかがキーになりそうです。


だから。多くの人がこの構造を知ってくれるといいな。
このステップを意識して導いてくれるコーチやメンターが増えたら、挫折を味わった人でも復帰できて、ニートや引きこもりが減るんじゃないでしょうか???

globe.asahi.com